カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アナフィラキシー >
  4. 夏の野外は要注意!ハチに刺された際のアナフィラキシーショックの症状はどんなもの?

アレルギー

夏の野外は要注意!ハチに刺された際のアナフィラキシーショックの症状はどんなもの?

  

夏になると、バーベキューやキャンプ等で森に近づくことが多くなると思います。森に近づくと、ハチなどの危険な生物に出会うことも多くなります。スズメバチやアシナガバチなどは、人を死亡させてしまうほどのアナフィラキシーショックを起こす強力な毒を持っています。アナフィラキシーショックの症状を知って、落ち着いて対処できるように、今回はアナフィラキシーショックの症状について紹介します。

 

ハチアレルギーによるアナフィラキシーショックの発生量

ハチに刺されたことによる、アナフィラキシーショックの死亡者数は毎年30~40人くらいです。アナフィラキシーショックを起こす割合は、ハチに刺された人のうちの1~2%といわれています。アナフィラキシーショックとは、特定の物質が体内に何らかの方法で入り、抗体(IgE)ができ、特定の物質が再び体内に入ってしまうと、急速おこるアレルギー反応のことをさします。初回の反応より、2回目以降の反応の方が激しくなるのが特徴です。

 

アナフィラキシーショックによって起こる症状 

アナフィラキシーショックの症状は、刺されて数分~10分以内に起こります。以下の症状が起きた場合、1時間以内に適切な処置をしないと死にいたります。皮膚症状としては、全身にじんましんがでます。咽頭や声門が急激に腫れてしまい、気道収縮が起こり呼吸困難を起こす。脈が速くなったり、吐き気が出たり、気分が悪くなったりもします。血圧低下による意識喪失もあります。

 

以上がアナフィラキシーショックの症状です。ハチに刺された人がこれらの症状を起こした場合は、落ち着いて対処し、すぐに救急車を呼ぶ、医療機関に連れていくようにしてください。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/ )

著者: いおさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アナフィラキシーに関する記事

「粉もの」でアナフィラキシー?!ダニアレルギーの人は要注意

  ダニアレルギーがある人は、ホコリやハウスダストに気を配っているのではな...

もしものときのために知っておきたいアナフィラキシー対処法

  アナフィラキシーとはハチやヘビによる毒の摂取や、薬剤投与の後に皮膚症状や鼻...


急激なアレルギー反応が!運動誘発型のアナフィラキシーについて

アナフィラキシーとは、急激なアレルギー反応が起きることです。生命が脅かされる場合...

慌てないで落ち着いて対処しよう!ハチが室内に入ってきた時の対処方法

この季節になると虫が増えますが、その中でも危険なのがハチです。ハチはさまざま...

カラダノートひろば

アナフィラキシーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る