カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 病院 >
  4. 睡眠導入剤 >
  5. 睡眠薬の種類によって、飲むタイミングに違いはあるの?就寝前20-30分でもOKです!

不眠・睡眠障害

睡眠薬の種類によって、飲むタイミングに違いはあるの?就寝前20-30分でもOKです!

睡眠薬には短時間型、中時間型、長時間型という3つの種類があります。それぞれの効き方と、飲み方・タイミングの注意点を紹介します。

 

●基本的にはすべて、起床8時間前

短時間型、中時間型、長時間型のどの睡眠薬であっても、基本的には、すべて起床8時間前に飲むのが、ベストなタイミングです。

 

短時間型の睡眠薬は睡眠導入を助け、中時間型や長時間型は中途覚醒・早朝覚醒など、睡眠後半の眠りを助けています。両方とも使う場合がありますが、いずれにしても起床8時間前までに飲んでおけばOKです。

 

●就寝前20-30分でもOK

起床8時間前のタイミングの他に、すべての睡眠薬において、就寝20-30分前のタイミングもベストと言われています。特に、短時間作用型の睡眠薬は睡眠導入を助けてくれるので、就寝20-30分前に飲むことでスムーズに眠りに入ることが出来るのです。

 

中時間型や長時間型の睡眠薬にも言えることですが、就寝20-30分前は短時間型睡眠薬の服用タイミングとして、特に重要なポイントとなります。

 

●飲むタイミングを指示されたらその通りに

起床8時間前、就寝20-30分前が、睡眠薬服用タイミングの基本ですが、医師から別途指示があった場合はそれに従ってください。医師に睡眠薬をもらったとき、いつ飲めばいいのか、睡眠時間はどれくらいなのか、作用時間はどれくらいなのかを確認しましょう。

 

作用時間が睡眠時間を大幅に超えてしまうようでは、睡眠薬の作用が起きてからも続いてしまうので注意が必要です。

 

睡眠薬を飲むタイミングは、短時間型でも中時間型でも長時間型でも変わりはありません。ただし、これはあくまでも『基本的には』の話であって、症状によっては医師から指示があると思うので、それにしたがって飲むのがベストです。 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠導入剤に関する記事

健康を保ちながらやめられる!睡眠薬の正しい減らし方

睡眠薬を止めるときには、依存性を出来るだけ感じないようにしながら止められれば...

短時間型や長時間型…睡眠薬の種類に応じた使用法・注意点

  効果が表れる時間によって分類される睡眠薬ですが、その特徴や注意点を紹介...


知っておこう!不眠症に使用される薬

  催眠作用を主とする薬以外のものでも不眠症に使用されることがあります。   ...

睡眠の質を改善する薬はあるの?

  睡眠障害を持つ人は5人に1人ともいわれ、かなりメジャーな病気となっています...

カラダノートひろば

睡眠導入剤の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る