カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 虫刺された >
  5. ハチ >
  6. 夏はハチが活発になる!ハチに出会ったらどうすればいい?正しい対処の仕方とは?

育児・子供の病気

夏はハチが活発になる!ハチに出会ったらどうすればいい?正しい対処の仕方とは?

  

夏になって外出する機会も増え、肌を露出することも多くなると、つらくなってくるのが虫刺されです。

蚊ならまだしも、素肌を露出しているところに、ハチなんかに刺されてしまったらパニックになってしまう人も多いでしょう。

 

夏のハチに用心

夏の暑い季節には、ハチの動きも活発になります。いざハチの巣を近くに見つけたとき、大きなハチが自分たちの近くを飛んでいたとき、どうやって対処するのが正しいのでしょうか。

 

ハチの警告を見逃さない

ミツハチは巣を守るために、攻撃を仕掛けてきます。何もハチが好き好んで、人をターゲットとして攻撃を仕掛けてきているわけではないのです。そのためハチは必ず刺す前に警告をしてきます。人の周りをわざと音をたててブンブン飛んだり頭突きをしてくるように飛んでくるのです。カチカチと音を鳴らすこともありますが、その音はハチの羽音で聞こえない場合もあります。

これを無視していると、ハチは「警告しているのに逃げない」と判断し、人を攻撃対象として認識します。

ただし、より危険なスズメバチやアシナガバチは、捕食する生き物なので、人も最初から攻撃対象として判断することが多いです。

 

ハチが体に止まったらどうする?

思いもかけず、ミツハチが自分の服に止まるときがあると思います。そのときにびっくりして「あっちいけ!」などと動いてしまったら逆効果です。ハチがそこに止まるのは、それを調査しているからです。そのため、じっと動かすにいて「脅威ではない」とハチに認識させることで、刺されることから回避できます。

 

ハチに狙われて水の中に逃げるのは不正解

たまに映画などで、ハチの大群に襲われて水の中に逃げるシーンがあります。ですがこれは不正解で、ハチというのは、水の中にターゲットが逃げても、その外で待つことができるのです。人間が息を止めている時間以上に、待つことができてしまうので、外に出た途端に刺されてしまいます。

 

ターゲットになって襲われてしまったら、巣よりも遠くに逃げる方が賢明です。ハチは400m以上は追跡してこないと言われますから、ターゲットにされた場合の回避行動としては一番効率的なのです。

 

 

ハチというだけで思わずバタバタと暴れてしまうかもしれませんが、それは非常に危険です。ハチに出会ったときに、そのシチュエーションに合わせて対処できるよう、ハチの特性を知っておきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハチに関する記事

夏は特に注意!農場、山や森は気をつけて!アレルギー反応が出なくても注意が必要です!

山に行くとハチに注意する必要があります。ハチは様々な毒を有しており刺されると強...

ハチに刺されたときの症状は2種類、「局所症状」と「全身症状」それぞれどんな症状?

ハチに刺されるとものすごく痛いです。痛いだけで済むのならまだいいのですが、それ...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ハチの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る