カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. ハチに刺されたときの症状は2種類、「局所症状」と「全身症状」それぞれどんな症状?

育児・子供の病気

ハチに刺されたときの症状は2種類、「局所症状」と「全身症状」それぞれどんな症状?

ハチに刺されるとものすごく痛いです。痛いだけで済むのならまだいいのですが、それ以上の様々な症状を起こすのがハチです。最近は山奥に巣をつくる場所を失ったハチが、街中に巣をつくることも珍しくありません。

そのハチが凶暴性が高く、捕食の性質があり、毒を多く持つスズメバチやアシナガバチといったハチならなおさら怖いですよね。

 

ハチに刺されたときに出る症状

ハチに刺されたときの症状というのは、個人差が大きいものです。これはよく知られていますが。初めてハチに刺された人と、ハチに刺されたのが2回目という人では、同じ刺され方でも症状の出方が違います。また、刺された場所や、その時の体調によっても症状は変わってきますし、ハチの種類や、体の中に入った毒の量によっても症状は変わります。

 

「局所症状」と「全身症状」

ハチに刺されたときの症状は2種類あります。刺された部分に出る「局所症状」と刺された部分以外にも出る「全身症状」です。それぞれどんな症状がみられるのでしょうか。

 

局所症状はどんな症状?

局所症状というのは、ハチ毒のものによって起こる症状です。

・刺された部分の激しい痛み

・刺された部分が赤く腫れる

こうした症状はすぐにあらわれ、普通は数時間程度で消失します。

この症状に対しては、流水で流して水溶性のハチ毒を除去したり、冷やすことで毒の吸収を遅くする処置ができます。また抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏を塗ることでも対処できます。

 

全身症状はどんな症状?

全身症状というのは、ハチ毒に体が反応してアレルギー反応を起こして出る症状です。全身症状は以下のように多くの症状があります。

・全身の発赤

・全身のかゆみ

・蕁麻疹

・だるさ

・喉のつまり

・口の渇き

・口腔内のしびれ

・息苦しさ

・腹痛

・下痢

・吐き気

・全身のむくみ

・意識症状

・血圧の低下

・一時的な視力低下

・一時的な聴力低下

局所症状に比べれば遅延型の症状で、刺されてから2~3日をピークに症状が続きます。場合によっては1週間症状が続くこともありますし、時には1週間たってから症状が出ることもあります。

特に、重症になった場合は意識障害や、血圧低下など救急の対応が必要な症状が出る場合もあります。すぐに病院に連れて行きましょう。

 

ハチは刺されないことが一番です。つまり予防するのが一番なのです。特に毒性の強いはハチに刺された経験がある人は、再び刺されれば全身症状が強く出る可能性がありますので、注意しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

様々なやけどの応急処置方法!

  私たちの身の回りには、色んなヤケドの危険性が存在します。お子さんがいる...

子どもの切り傷の応急処置

    子どもの切り傷は、日常生活の中でよく見られるケガのひとつです。   ...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る