カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 虫刺された >
  5. その他 >
  6. 皮膚がピリピリしてかゆい!もしかしたらそれは毒蛾に刺されたかも…かゆくてもかかないで!

育児・子供の病気

皮膚がピリピリしてかゆい!もしかしたらそれは毒蛾に刺されたかも…かゆくてもかかないで!

  

山の中で元気に走り回るのはいいのですが、山は生き物の宝庫ですから、すぐそばに危険な生物がいる可能性もあります。そもそも山の中は基本的に、人間のテリトリーではありませんから、しっかりと対策をしていない限り、あるいはしていたとしても、人に害をなす虫に出会うことは多くあるのです。

 

毒蛾に注意

毒蛾というのは蛾の仲間で、羽を含めて4cmくらいの生き物です。

成虫は黄色っぽい色、幼虫である毛虫は黒色で背中にオレンジの筋模様が入っています。成虫と幼虫のいずれも、毒を持っています。毛虫の場合は葉を食べるので、葉の裏に密集していることもあります。

毒蛾で注意したいのが毒針毛で、長さ0.1mmほどのこれに触れると皮膚炎を起こします。この大きさですので、毒針毛が皮膚に付着したとしても、肉眼で見ることはできません。そのため何が起こっているのかよくわからずに、毒針毛の被害を広げてしまうこともありますので注意が必要です。

 

刺されたらどうなるの?

毒蛾の毒は、人を死に至らしめるような毒ではありませんが、皮膚炎のような症状が出ます。

刺された数時間後に、ピリピリとしたかゆみが生じ、その後1~2日のうちに皮膚に発疹のようなものが生じてきます。このときにかゆいからと言ってかいてしまうと、見えない毒針毛をさらに皮膚の中に押し込めてしまうことになります。すると治療も難しく、長くかかることになりますので、下手に触らないようにしましょう。

また、しばしばアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

 

触ってはいけないのなら、どうすればいいの?

医師に診せることが一番確実ですが、自分でできることとしては、粘着テープを使う方法です。粘着テープをそっと皮膚に貼り、毒針毛を取り除くのです。

それができたら水で患部を洗い流します。水に浸けているだけでは毒針毛が浮いてくるだけなので、できるだけ除去するには、流水にしばらくつけて洗い流すのがよいでしょう。石けんを使っても効果が高いようです。

 

毒針毛は毒蛾に触れるだけではなく、空気中に漂わせていることもあります。そのため虫に触れた記憶もないのに、上記のような症状が出た場合には、空気中に漂っていた毒針毛に触れた可能性を考えましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ブヨの痛がゆさを悪化させない!さされる前・後に気をつけること!

  ふだんあまり行かないところに行くと、日常では体験できないことができる反面、...

気づいたら皮膚にヒルがくっついていた…吸血するヒルはどうやって対処したらいいの?

   夏になれば山のレジャーに出かけることもあります。山に入ると、思わぬところで...

その他の体験談

生後4カ月の虫刺され~ヤマヒルに噛まれた話~

生後4ヶ月の頃、ヤマヒルに噛まれました。普通では、めったにありえないことだと思います^^; そ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

その他の人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る