カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 夏に肌はより紫外線を吸収してしまう!光老化の原因と対処法とは?

女性のカラダの悩み

夏に肌はより紫外線を吸収してしまう!光老化の原因と対処法とは?

皆さんは“光老化”という言葉を聞いたことがありますか?夏場に紫外線を浴びることで、体に蓄積させてしまう光老化…。では、一体どんな症状で、どんな原因があり、その対処法とはどんなものがあるのか?挙げてみましょう。
 
 

◆そもそも光老化とは?

紫外線を浴びることで肌が黒くなったりゴワゴワと厚くなってしまう現象を光老化と言います。解り易くお伝えすると…まず、ご自分のお尻や内股などの皮膚と、手の甲の色を比べてみてください。お尻や内股など、紫外線が当たらない部分と、ほぼ毎日のように紫外線を浴びてしまう手の甲とでは、皮膚の色が違うことが解ります。手の甲の方が色が濃く、日焼けをしてしまっている色味をしています。
 
これは、手の甲が紫外線を浴びて、光老化を起こしている証拠です。光老化は、紫外線を浴びてすぐに赤くなったり黒くなったりするのではなく、紫外線を蓄積させていき序々にくすんだ色味が出てきてしまいます。
 

◆光老化を招いてしまうのは地球温暖化が原因?!

私たちが毎日浴びている紫外線には、A波・B波・C波と、3つの種類に分類されています。特に人体に影響を及ぼしてしまう紫外線はA波です。紫外線UVA波がどれだけ人体に影響を及ぼすのかは、紫外線を浴びた時間と紫外線の強さに比例します。
 
最近では様々なUVケア商品があるので、毎日継続的に紫外線予防をすることが大切ですが、そもそも、紫外線をバリアさせてくれる役割のオゾン層が、年々減少しているので、その分、年々紫外線が強くなっています。
 

◆紫外線を浴びないことが光老化防止策!

地球温暖化の取り組みが世界各地で行われていますが、それでもまだまだ地球の温度は上昇傾向にあります。年々強くなっていく紫外線に立ち向かうためには、それだけの紫外線を予防する効果があるUVケア商品を開発・販売・使用していくか、あとはとにかく紫外線に当たらないことです。紫外線に当たっていないお尻や内股などのように、体が紫外線に当たりさえしなければ、光老化を抑える・防ぐことは出来ます。しかし、そう容易なことではありません。
 
 
光老化とうまくつき合っていくためには、若い年齢・早い段階でのUVケアをし、紫外線を蓄積させていかないことです。さらに、UVケアの日焼け止めなどを塗っているからといって安心せずに、ケアをしていても出来る限り太陽の光を直接浴びないことが肝心です。光老化は蓄積させていくことでシミ・シワ・くすみになって現れます。早めの対策が鍵になります。
 
(Photo by //www.ashinari.com/)
 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

萎縮性膣炎に関する記事

肌の老化には二つあるって知ってる?「自然老化」と「光老化」ってどう違うの?

  紫外線がメラニンに働きかけ、シミをつくるというのは、今ではよく知られていま...

外陰部が癒着する前に!萎縮性膣炎の治療~

  閉経後に、おりものの異常や陰部のかゆみと言った症状が出た場合、もう妊娠する...


光老化の原因、紫外線について理解しよう!光老化を防止する日焼け止めはこれだ!

夏は紫外線が強くなる時期でもあり、それと同時に光老化に対する心配も増えてくる...

女性の薄毛対策~紫外線をカットして「光老化」を予防しましょう

  女性の薄毛は、出産や更年期による女性ホルモンの変化や加齢など、避けられ...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る