カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 光老化が及ぼす、シミ・シワとの深い関係とは?若いうちから紫外線対策をしっかりしよう

女性のカラダの悩み

光老化が及ぼす、シミ・シワとの深い関係とは?若いうちから紫外線対策をしっかりしよう

紫外線を浴びてしまうと、肌には様々な悪い影響が起きてしまいます。光(紫外線)を浴び、体内に蓄積し、忘れた頃に症状(老化)として現れる、怖い症状が【光老化】です。この光老化と、シミ・シワは深い関係があります。では、紫外線を浴びることで、どんな現象が起こっているのか、シミ・シワとどんな関係があるのかを追求してみましょう。
 
 

◆光老化とシミの関係性とは?

紫外線を浴びると肌の中に、紫外線を蓄積させてしまいますが、本来人間の体には、紫外線によって起こる悪影響に対抗するだけの機能が備わっています。それがメラニン色素といわれるものです。紫外線を浴びると、肌を守ろうとメラニン色素が黒いフィルターのような役割を果たしてくれます。
 
黒いフィルターとなって肌を守った後は、細胞が新しくなる時に(ターンオーバー)角質細胞と一緒にはがれ落ち、通常の肌の色に戻っていきます。しかし、この時に、通常の肌に戻らず、一部分だけ黒いフィルターがかかったままの状態で残ってしまう現象が光老化による“シミ”なのです、
 

◆光老化とシワの関係性とは?

本来、肌は、コラーゲン線維が規則的にしっかりと張り巡らされているので、ピンと張った肌を保てています。この状態だとシワも気にならず、弾力のある肌に見えます。しかし、紫外線を浴びることによって皮真にあるコラーゲン線維が破壊されてしまい、弾力や張りが失われて、“シワ”が出来てしまいます。
 
紫外線に当たることで、肌の中では活性酸素が沢山できてしまい、活性酸素が原因となってシワ・たるみを引き起こしてしまうのです。さらには、このシミ・たるみとは、紫外線を浴びてすぐに発生するのではなく忘れたころにジワジワと現れてきます。光老化は、蓄積されることによって・時間を経過させることによって表に出て来てしまう怖い症状です。
 
 
人間は加齢することで、体の水分量の低下や、ターンオーバーの機能低下、コラーゲンなどの減少…様々な老化が体を襲います。それに加え、若いころ、体内に蓄積をさせた紫外線光老化として、肌の老いに拍車をかけてしまいます。
 
若いうちに紫外線対策をしっかりするように!とよく聞きますが、これは、若いうちに影響が出るのではなく、年齢を重ねた時に若い時のツケが回って来てしまう…という意味を込めて、若いうちの対策が大事だと言われています。しっかりとしたケアを、今すぐ、この夏からでもはじめてください。
 
(Photo by //www.ashinari.com/)
 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

萎縮性膣炎に関する記事

萎縮性膣炎の投薬治療~女性ホルモンを増やす治療!~

  口は外の世界に対して開かれている体の器官です。これと同様に膣も外界に対して...

漢方で解消できる?萎縮性膣炎の対処法

膣内は卵巣が分泌するエストロゲンという女性ホルモンの作用によって、粘膜がつくら...


ほとんど無症状?萎縮性膣炎の症状とは?

  人は年齢を重ねるにつれて、生殖器の機能が低下していきます。そしてある一定の...

光老化の原因、紫外線について理解しよう!光老化を防止する日焼け止めはこれだ!

夏は紫外線が強くなる時期でもあり、それと同時に光老化に対する心配も増えてくる...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る