カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 症状 >
  6. 認知症?それともただの物忘れ?

介護・認知症

認知症?それともただの物忘れ?

年をとると誰でも物忘れは増えてきてしまいますよね。


・物忘れ


体の機能が衰えていくように、脳の機能も年を重ねるにつれて衰えていくのです。


これによって引き起こされるのが物忘れで、人間誰しもが経験する非常に自然なことなのです。


体験したことの一部分が抜け落ちて、忘れたことを自分で理解していますので、必死に思い出そうとします。


日常生活に支障があるわけではなく、年を重ねる以外で特に進行もみられません。

・認知症


一方の認知症は脳の記憶に携わる海馬などが障害されることによって引きおこされる症状で、明らかな障害を持つことになります。


体験したことを丸ごと忘れてしまうので
「朝ご飯何食べたっけ?」ではなく「朝ご飯を食べていない」という感じになります。


しかも、本人は忘れていることに気が付いていないので、日常生活にも支障をきたしてしまうことが多くなります。


脳に障害が起きていますので、症状は徐々に進行していき悪化していき毎日同じ服を着るだとか段取りよく物事を行うことができないとか、自分のいる場所や人の顔が分からなくなったりしてしまいます。

最近物忘れがひどいからといって必ず認知症になっているわけではありません。


物忘れは全ての人が経験しますので、あまり気にしないようにしてくださいね。

 

・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/11/21/28/old-69431_640.jpg)

著者: くみんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

認知症の症状・見当識障害とは?

見当識障害は認知症特有の症状の一つです。 ・見当識とは 見当識とは時間や場所、...

認知症の症状と周囲のかかわりについて考える~認知症を支える介護~

      全国の65歳以上の高齢者が約3079万人。そのうち、認知症患者...


認知症はどんな病気が知ってる?症状とメカニズムについて

認知症の人の脳の中では、なんらかの理由で脳の神経細胞が死滅していきます。 記憶...

徘徊する高齢者の心理と対応法

徘徊をする認知症の高齢者には、本人なりの「やむにやまれぬ事情」があって徘徊をし...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る