カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 健診・検査内容 >
  4. 【育児体験談】太りやすい、痩せやすい体質は3歳までに決まる?

育児・子供の病気

【育児体験談】太りやすい、痩せやすい体質は3歳までに決まる?

私の住んでいる自治体では、2歳半で乳児の歯科検診がありました。

 

歯科検診といっても身長体重を測定し、成長具合を確認してもらえるということだったので、とても楽しみにして出かけたのですが、

そこで「食べ過ぎ」を注意されました(泣)

 

もともとぽっちゃり体型で検診のたびに「見た目ほど体重がない」とよく言われていました。さらに身長、体重ともに成長曲線内だったのですっかり安心していたのですが、身長と体重の割合から算出する肥満度が、計算してもらうと14%でした。

 

15%からメタボちゃんになるとのことで、

絶対に栄養指導を受けていきなさいと厳重注意されました。

 

子どもの太りやすい、痩せやすいなどの体質は大体3歳までのその根幹ができあがるそうです。そのためにも乳児の肥満は一生影響を及ぼすものだから特に気を付けなくてはいけないそうです。

 

離乳食から始まった食事の栄養バランスは気を付けていたので、正直ショックでした。

 

一日の食事の回数や量、種類を栄養士さんに説明すると、食事は問題がないけれど、

間食に与えているものがいけないと言われました。

 

具体的には

 

・菓子パン

・ジュース

・大量のくだもの

 

食欲があって食べたがるなら次のような食品に代替えを薦められました。

 

・おせんべい

・おいも

・おにぎり

 

さらにジュースは週に1回程度。お出かけだけに絞るといいと指導されました。そして食事ばかりに意識がいかないように、

積極的に体を動かして意識を逸らすことが大切だということでした。

 

ちょうど春から園に入ったこともあって、食生活を変え、運動をたくさんするようになったら半年後の夏にはしゅっと全身が引き締まりました。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_dl.php])

著者: みゆきさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健診・検査内容に関する記事

病院で育児相談もできるんです!健診・検査だけではない、"小児科活用法"

小児科では、診察のほかにもさまざまな業務を行っています。子どもの健康や育児にま...

子供の難治性疾患を予防しよう!

    ・新生児マススクリーニング新生児マススクリーニングは全ての新生児を対象...

健診・検査内容の体験談

自分に合った小児科を選ぶポイント

小児科を選ぶ時、どんなところを重要視するかは人それぞれですが、私は娘が生まれてから、小児科を3件ほど...

カラダノートひろば

健診・検査内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る