カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 症状 >
  6. 認知症と誤解されやすい状態

介護・認知症

認知症と誤解されやすい状態

認知症と間違えられやすい症状としてうつ病やせん妄があります。


・うつ病と認知症の違い

 
うつ病による意欲の低下や記憶力の低下が認知症と間違えられる ことがよくあります。


うつ病は認知症と違い日内変動、つまり、一日のうち記憶の低下に波があり、個人的な差はありますが、一般的に朝方強く症状が出て夜になっていくにつれて軽快していくという形です。


また、認知症などの検査でお医者さんが行う質問に対してうつ病患者さんは「うーん」と考えたり、「分かりません」ということが多いのですが、認知症患者さんは答えられない事に言い訳をしたり、怒って考えようともしないことが多いです。

・せん妄と認知症の違い


せん妄は脳の病気や外傷などによる一時的な記憶の障害で、記憶に関する障害だけでなく睡眠障害幻覚などが加わることが多い症状です。


認知症に比べると発症が急ですが、一時的なので数日や数週間程度で完治します。


せん妄は薬によって引きおこされることもあるように、周りの環境によって影響をうけてしまいます。


また、うつ病と同じように日内変動も見られますがこちらは逆に夕方に向けて症状が強くなっていきます。

間違えられやすい症状ですが、これらの症状を併発している患者さんも多いですので、なかなか判別は難しいとされています。




・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/31/05/53/dementia-63608_640.jpg)

著者: くみんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

アルツハイマーの症状、記憶障害…記憶障害の現れ方とは?記憶のメカニズムを知ろう

記憶障害を考える前に、まずは「記憶」というものがどうやって行われているのかを知り...

実行機能障害とは

認知症の症状の1つに「実行機能障害」と言われるものがあります。これは「目標の設定...


長期記憶と短期記憶

長期記憶と短期記憶を理解しましょう 認知症高齢者を知る上で理解しておいた方が良...

中核症状と周辺症状!アルツハイマー型認知症の症状

      アルツハイマー型認知症は大きく分けて2つの症状があります。どん...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る