カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. お腹が弱い人は注意!栄養ドリンクを飲むと副作用がでることも!食品添加物の「漂白剤」食べ物を漂白?!

健康診断・健康管理

お腹が弱い人は注意!栄養ドリンクを飲むと副作用がでることも!食品添加物の「漂白剤」食べ物を漂白?!

栄養ドリンクを飲んで、体調を崩す人というのはしばしばいます。栄養ドリンクというと、体を元気にしてくれるものという印象があるかもしれませんが、どちらかというと、体を「無理やり」元気にしてくれているものですので、そうした強い作用が体に合わない人がいます。

 

特にお腹の弱い人は、栄養ドリンクを飲む際の副作用に注意してください。栄養ドリンクを飲んだ場合、以下のような副作用が起こる可能性があります。

 

お腹を下す

栄養ドリンクには、肝機能をアップさせるタウリンや、眠気覚ましや興奮作用のあるカフェインが多く含まれています。これらは体に刺激を与えて奮い立たせると共に、刺激物でもありますので、胃を荒らしたり、それによって消化機能が低下し下痢になることもあります。特にお腹を下しやすいという人は、栄養ドリンクの飲み方には気をつけるか、避けた方がいいかもしれません。

 

吐き気がする

栄誉ドリンクを飲むと、吐き気をもよおすという人もいます。これもカフェインなどの刺激物によるもので、胃の状態が悪いときなどは特に、こうした症状が出やすいようです。

特に空腹時の栄養ドリンクの摂取には気をつけてください。カフェインは胃を刺激して、胃酸を分泌させる作用があります。そのため空腹時に飲んでしまうと、必要のない胃酸が出てしまって、吐き気や嘔吐が引き起こされることがあるのです。

 

イライラする

特に栄養ドリンクの過剰摂取を続けている人は、それを急にやめてしまうことで、イライラすることがあります。これは栄養ドリンクに含まれるカフェインと、糖分に原因があると考えられます。

 

カフェインは世界で最も愛されているドラックと言われているほど、常習性の高いものです。そして栄養ドリンクにはこのカフェインが非常に多く含まれています。そのためそれを急にやめてしまうと、禁断症状のようなイライラが出てしまいます。

 

また、常に糖分を過剰気味に摂取していた場合、過剰摂取の状態でもイライラしやすくなりますし、それを急にやめたとしても、血糖値の急激な低下によって、体が不安定になり、イライラします。

  

栄養ドリンクは体を元気にしてくれるものですが、必ず自分の体と相談したうえで摂取しましょう。胃の調子が悪い状態で、「元気になりたい!」と思って摂取しても、それは逆効果になってしまうことがあります。

 

食品添加物の「漂白剤」食べ物を漂白?!言葉だけだと何だか怖いけれど…?

食品添加物の中でも、よく見かけるけれど(本当に?)と思う物があるのではないでしょうか。そういった食品添加物の中に「漂白剤」もあるかと思います。

 

衣類や食器でもないのに「漂白」して大丈夫?

漂白剤には種類があり、台所用品や衣類用の漂白剤としても使われる亜塩素酸系の物質と、過酸化水素があります。

 

食品添加物に使用される「漂白剤」は亜塩素酸ナトリウム、高度サラシ粉、次亜塩素酸ナトリウム、過酸化水素が存在します。これらの物質は、食品を殺菌してくれますが薬事法の規定から「漂白」以外の用途には使用されません。そのため人体に有害ということはありません。

 

沢山の種類から用途によって使い分けられる「漂白剤」

食品添加物として使用される「漂白剤」はその目的によって使い分けられます。

漂白剤は種類によって食品の色素を破壊する酸化型漂白と、食品の色素を利用して色が消えたように見せる還元型の漂白があります。この場合、その漂白剤の成分が食品に残っている間だけ色が消え、漂白剤がなくなると色戻りを起こす物もあります。

 

これらの漂白剤は、漂白作用だけでなく“酸化防止”の作用や保存性を高める性質があるため、“酸化防止剤”や“保存料“としても使用されることがあります。

 

一方、色素を破壊して漂白した場合は、漂白後希望の色に着色することが出来ます。この漂白剤も脱色以外に“酸化防止” “保存”の効果があるため、それらの目的で使用されることもあります。また、食品成分表示はその使用成分ではなく使用用途で記載されるため、漂白剤の成分が入っていても、使用目的が“酸化防止”や“保存”の場合、「漂白剤」と記載されることはありません。

 

食欲減退も増進も色次第?

普段口にしている時はあまり気にならないものですが、食品の色は食欲の減退・増進に大きな影響を与えています。

 

綺麗な色の食品は食欲を増進する効果があると言われますが、逆に綺麗過ぎる場合は減退させるとも言われます。ちょうどいい色を作ると同時に、酸化防止と保存性アップの効果を果たしているのが「漂白剤」と言えます。

 

昔からよく見かける「かん水」どういった食品添加物でしょう?

袋麺やインスタント麺の成分表を見る、必ずといっていいほど使用されている「かん水」。これはどういった役割の食品添加物なのでしょうか。

 

「かん水」の役割は?

「かん水」は、袋麺やインスタントラーメンには必ず、と言ってもいいほど使用されています。それほどまでに使用される理由は、かん水がラーメン特有のコシと独特の風味を作ってくれる食品添加物だからです。

 

かん水の歴史は古く、元々は中国で使用されていた天然添加物でした。中国には炭酸ナトリウムを含む水を有する湖があり、その水を使用して麺やわんたん、饅頭の皮などを作っていました。そのため、それらの食品は独特の食感と風味を持っていたのです。

 

「かん水」と呼ばれる食品添加物は、現代になりそれを人工的に再現したものと言えます。

 

「かん水」は何からできている?

現代では、わざわざ中国の湖の水を汲んできて混ぜなくても、その独特の食感と風味をかん水で再現できます。では、元々天然添加物だったかん水は、今何から作られているのでしょうか。

 

現在、食品添加物として記載されるかん水は、“カリウムとナトリウムの炭酸塩”と“リン酸塩”を原料にしています。これらの原料を混ぜた物が「かん水」と呼ばれ、食品衛生法によって成分規格が決められています。

 

「かん水」を食べると下痢や嘔吐が出る?

その昔、まだ食品添加物が今ほどメジャーでなく管理も甘かった時代があります。その当時のかん水には、高アルカリ性な成分が使用され粗悪な物も世の中に出回っていました。

 

その成分の腐食性から、かん水を食べると下痢や嘔吐、胃荒れなどを引き起こすと言われていました。社会的問題になった時代もあります。

 

しかし食品の法改正により、その使用成分に規定ができたことで安全な添加物へと変貌を遂げました。

 

現在使用されている「かん水」は、食品衛生法で安全を確保された物だけです。それ以外の物を使用することは違法で罰せられます。

「かん水」は時代と共に変化する、食品添加物の代表格の一つと言えるでしょう。

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

食べ過ぎて吐き気が・・・対処法まとめ

  外で食事をする機会が多かったり、人と食事をする機会が多かったりすると、...

咳が出るときには避けやい!3つの食べ物~風邪予防に効果のある食べ物とは?~

咳がひどいときには出来るだけ摂取を控えたい食べ物がいくつかあります。 ここ...


栄養ドリンクやジュースで元気になる?その中身とは?効果を最大限に得るための飲み方

栄養ドリンクは、「何となく疲れたときに」飲む人もいると思いますが、体の吸収を...

ドライフルーツが苦手な人意外と多い?これで克服できる!?栄養豊富な食材を使ったレシピで健康管理

皆さんはドライフルーツって、好きですか?「私、ドライフルーツ苦手…」と言う方...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る