カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 2人目の高齢出産っていつから?リスクとダウン症発症率を教えて!

妊娠・出産

2人目の高齢出産っていつから?リスクとダウン症発症率を教えて!

1人目を産んで、2人目を考えるときに気になるのが、自分の年齢。「年が離れているけどやっぱり兄弟はほしいよね」「でも高齢出産になるから大変そう」などと悩んでしまうことも。高齢出産は35歳以上で出産すること、というイメージを持っておられる方が多いと思います。しかし、これは初産時の年齢を指しており、2人目以降の出産だと異なるのです。

今回は、そんな2人目の高齢出産について紹介します。

  

経産婦は40歳以上で高齢出産

初産の場合は、35歳以上で出産することを高齢出産と言います。しかし経産婦の場合は、1人目が35歳以上かどうかに関わらず、2人目の出産が40歳以上であれば高齢出産になります。ちなみに3人目以降も、40歳以上で高齢出産です。

  

40歳はリミットではない

この40歳という年齢は、胎児へのリスクなどを考慮した一般的な数字であり、リミットではありません。そのため40歳以降で2人目、3人目を健康に産む方もいらっしゃいます。

 

高齢出産はハイリスク

リミットではないものの、年齢が上がるにつれて、卵子も老化しているのは事実です。卵子を含め老化すると、妊娠・出産の確率が低くなり、母子ともに以下のようなリスクが高くなります。

  

・妊娠力が下がる

・染色体異常の確率が上がり、ダウン症の発症率が高くなる

・妊娠高血圧症候群になりやすくなる

・帝王切開になるケースが増える

40歳の妊娠でのダウン症の発症率は1%

高齢出産は胎児の染色体異常が高くなると言われています。その中でも代表的なのがダウン症です。ダウン症とは先天性の疾患で、知的障がいや頚椎不安定性などを伴います。そんなダウン症の発症率は、20代の母親であれば0.1%ですが、40歳だと1%に跳ね上がってしまうのです。

20代の母親とくらべると、ダウン症の子供を産む確率が10倍近く上がってしまう高齢出産。これは、産むときの母体の年齢に関係するもので、それまでに産んだ子供の数は関係ありません。

高齢出産は妊娠合併症にもかかりやすくなる

2人目の高齢出産では、母体のリスクが高くなります。加齢による老化が原因で、妊娠による身体の変化に対応しきれず、合併症が起こりやすくなります。

特に高血圧やむくみなどが出てくる妊娠高血圧は、34歳以下の妊婦では11%の発症率なのに対して、40歳以上の妊婦では30%と、3倍近くとなっています。妊娠高血圧がひどくなると、母体の腎臓や肝臓が深刻なダメージを受けることもあります。血圧管理はしっかりとするようにしましょう。

   

産んだ子供の数は関係ない

妊娠高血圧症などの合併症は、2人目だからリスクが高いわけではなく、高齢出産(2人目の高齢出産が40歳以上なので、40歳以上の出産)が故のリスクです。

2人目、3人目に限ったリスクは、初産のときの様子を参考にしましょう。例えば、1度目の妊娠でつわりがひどかった場合は、2回目の妊娠でもつわりがひどくなる可能性が高い、といった感じです。 

 

高齢出産での2人目は予定帝王切開の可能性も

分娩時は、母子ともに何が起こるかわからないため不安も大きいもの。そのため、分娩時のリスクを特に気にされる方も多いかもしれません。

  

1.高齢出産は帝王切開が多い

1人目を自然分娩したかどうかに関わらず、高齢出産になると、帝王切開での出産になる傾向が高くなります。35歳未満と35歳以上の妊婦さんを比べてみると、帝王切開の実施率には2倍以上の差が。高齢出産であれば、帝王切開の可能性は考えておきましょう。

  

2.予定帝王切開なので負担は少ない

出産が近くなっていきなり帝王切開と言われると、『大丈夫かな』『なにか体に問題があるのか』『本当に帝王切開でいいのか、自然分娩で頑張れないか』など、焦りとともに、いろいろと考えてしまう方も多いかもしれません。

2人目かどうかに限らず、高齢出産の場合は「予定帝王切開」といって、前もって帝王切開での分娩がわかっているのです。そのため、とっさの帝王切開でびっくりすることはありません。

1人目が帝王切開だったため、慣れているという妊婦さんもいます。

 

3.帝王切開のリスクも知っておこう

高齢妊娠の場合は、帝王切開になる可能性が非常に高いため、帝王切開のリスクは知っておきましょう。帝王切開をすると開腹していますので、術後は傷口が痛みます。そして加齢のため回復も遅く、痛みが長引くことも。

つまり、その状態で新生児と上の子のお世話をしなければなりません。また2回、3回と回数が増えると癒着胎盤や膀胱損傷のリスクも増えます。

  

高齢出産で2人目を産むときの対策

高齢出産で2人目を産むときは、以下の対策を練っておきましょう。

 

・妊娠、出産の体力をつける

・体力の戻りが遅くなるため、出産後にサポートしてくれる人を探す

・妊娠高血圧症候群や糖尿病にならないために、食生活や体重管理を意識的に行う

・高齢出産はリスクを伴うので、対処できるようにできるだけ大きな総合病院を選ぶ

 

特に、出産後のサポートは重要です。1人目と違い、自身の身体と新生児以外に上の子がいるからです。上の子の育児サポートを得ることも、2人目高齢出産における重要な対策と言えるでしょう。

  

高齢出産は身体的負担が大きくなりがち

高齢出産は思っている以上に、身体的な負担が大きくなります。だからこそ、リスクも高くなるのです。1人目を出産しているから大丈夫と思わず、高齢出産という事を頭に入れて、配偶者とよく相談して、2人目以降の妊娠・出産を考えましょう。

  

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

40代で2人目を妊娠出産…リスク・できる対策!高齢出産時のリスクを減らすには?

閉経さえしていなければ、妊娠も出産も可能だといわれています。しかし、理想的な妊娠...

高齢出産のリスクは女性だけではない?父親のリスクは?

妊娠・出産における高齢とは、女性は初産で35歳以上、経産婦は40歳以上のことを指...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る