カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 高齢出産で2人目を産みたい!産むときに帝王切開になるリスクはどれくらい?

妊娠・出産

高齢出産で2人目を産みたい!産むときに帝王切開になるリスクはどれくらい?

一人っ子よりもやはり兄弟がいた方がよい、2人目を考えているときに、高齢出産だと不安なことも多いですよね。

例えば、出産時のリスクは高まるのかどうかが気になる方もいるでしょう。

 

高齢出産は帝王切開が多い

1人目を自然分娩したかどうかに関わらず、高齢出産ではどちらかと言えば帝王切開が多いようです。

35歳未満と35歳以上の妊婦さんを比べてみると、帝王切開の実施率には2倍以上の差が出るとも言われており、高齢出産であれば帝王切開が来る可能性が高いと考えておきましょう。

ちなみに、一般的な高齢出産の定義は35歳以上ですがこれは1人目で、2人目の場合は40歳以上で高齢出産です。

 

予定帝王切開なので負担は少ない

出産が近くなっていきなり帝王切開と言われると、『大丈夫かな』『なにか体に問題があるのか』『本当に帝王切開でいいのか、自然分娩で頑張れないか』など、焦りとともにいろいろと考えてしまう方もいます。

2人目かどうかに限らず、高齢出産の場合は予定帝王切開と言って、かなり前から帝王切開がわかっているので、とっさのことにびっくりすることはありません。

1人目を35歳以上で産んでいる場合には、1人目のときも帝王切開だったから慣れているという妊婦さんもいます。

 

帝王切開のリスクも知っておこう

高齢妊娠の場合は帝王切開になる可能性が非常に高いので、リスクは知っておいた方がよいです。

まず1人目を帝王切開で産んでいる場合は、2人目の自然分娩で子宮が破裂する可能性があります。

このことからも、2人目高齢出産では2人目も帝王切開が勧められます。

回数が増えると癒着胎盤や膀胱損傷のリスクが増えること、術後は傷口が痛むことがある等のリスクもあります。

 

高齢出産で2人目を産むとなると、事前に日程を決めた上での予定帝王切開になるケースが多いです。

帝王切開にはリスクもありますが、必ずリスクが出るわけではありません。細かな部分は担当医に問い合わせてください。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

臍帯を切る時期は、『遅い/早い』どちらが正しい?~貧血防止とビリルビン血症のリスク

臍帯血(さいたいけつ)とは、出産後お母さんの胎盤と赤ちゃんのおへそ部分を繋いで...

立ち合い出産はグロい?トラウマ?こんなパパは立ち合いできないかも…

現在、出産に夫が立ち会う割合は6割以上と言われています。 産院によってルー...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る