カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 刺された・噛まれた >
  5. クラゲに刺されたときの症状を知ろう!毒による症状からアレルギー反応症状まで

気になる病気・症状

クラゲに刺されたときの症状を知ろう!毒による症状からアレルギー反応症状まで

  

クラゲは、そのフワフワと漂う様子からは想像できないくらい危険な生き物です。クラゲの中には毒を持っているものもいます。毒を溜めておく袋と、そこから相手に毒を注入するとげによって、獲物を攻撃するのです。この毒自体も非常に不安定なもので、クラゲの毒について何もかもが解明されているわけではありません。

 

クラゲに刺されるということ

クラゲの毒はエサをとるためのものですから、ヘビなどと同じです。大方はヘビよりも毒の強さは弱いですが、場合によってはヘビよりも強い毒を持つクラゲもいます。特に日本では沖縄に生息するハブクラゲが、ヘビのハブよりも強い毒性を持っているとされています。

いずれにせよ、クラゲの毒には赤血球を溶かす作用や、アレルギー反応を起こす作用などの、毒が含まれていることが分かっています。

 

クラゲに刺されるとどんな症状が出る?

ヘビなどの場合もそうですが、毒対しての人の体の反応というのは個人差があります。毒に対して過剰に反応してしまう場合もあれば、軽い症状で終わってしまう場合もあります。それはその人のその日の体調によって変わったり、刺されたクラゲの種類によってももちろん変わります。

具体的に見られる症状というのは、以下のような症状です。

腫れ、みみず腫れ

発赤

熱感

痛み

水ぶくれ

 

嘔吐

発熱

筋肉痛

関節痛

脱力感

頭痛

吐き気

麻痺

精神錯乱

幻覚

失神

血圧低下

呼吸停止

心停止

 

「腫れ」から「水ぶくれ」までは刺された箇所で起こります。

そしてクラゲの毒に対するアレルギー反応として、下のグループのような全身症状が見られます。呼吸停止や心停止は一般的なクラゲでは見られませんが、先述のようなハブクラゲなどの強い毒性を持つクラゲの場合、危険な状態になることはあります。

 

 

見られる症状は、多少クラゲの種類によって変わります。そのため刺されたクラゲの種類が特定できるのなら、それを確かめて、必要に応じて病院で診てもらうといいでしょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

刺された・噛まれたに関する記事

家の周辺から蚊を駆除して快適な夏を過ごそう!蚊を発生させない方法

   これからの季節、蚊に刺されたり、プーンという独特な音が気になって眠れなか...

クラゲに刺されたけどどうすればいいの?!クラゲの種類ごとの対処方法

   クラゲに刺された際は、刺されたクラゲの種類によって対処方法が異なります。...


海でクラゲに刺された!!クラゲに刺されたときの症状について知ろう!

   海にはさまざまな危険な生物がおり、その中でも有名でよく出会う生物はクラゲ...

前に刺されたときは軽い症状で済んだからって油断しないで!クラゲのアナフィラキシーショック

   クラゲに刺されても必ず症状が出るとは限りません。クラゲの種類によっては、刺...

カラダノートひろば

刺された・噛まれたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る