カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 刺された・噛まれた >
  5. オニヒトデの毒に注意!オニヒトデに刺されるとどうなる?刺されたときの対処法

気になる病気・症状

オニヒトデの毒に注意!オニヒトデに刺されるとどうなる?刺されたときの対処法

  

沖縄付近の海で、珊瑚を食い荒らす「オニヒトデ」が大量発生しているというのを、聞いたことがある人もいると思います。このオニヒトデは珊瑚を死滅させてしまうことで知られていますが、人に対しても猛威を振るうヒトデです。痛みや腫れといった症状ももちろんですが、刺されて死に至るケースもあるのです。

 

オニヒトデってなんだ?

オニヒトデは直径が30~60cm位の、大型のヒトデです。全身がトゲトゲとした針で覆われており、この針に毒があります。体の色は灰色や、オレンジ色、青色など様々で、珊瑚の下などに隠れていることがあります。

オニヒトデに刺される事故では、ダイバーがオニヒトデに刺されて死亡するケースなどが報告されています。

 

オニヒトデに刺されるとどうなるのか?

オニヒトデは全身を覆う毒針で、人を刺します。特にダイビング中や駆除作業のときに誤って触れてしまい、刺されることが多いようです。

刺されたときの症状は個人差がありますし、刺された場所によって症状も異なります。

主に生じるのは痛みや腫れで、痛みは激痛と言われるほどの痛みだそうです。腫れに関してはすぐに腫れる人もいれば、数日たってから腫れる人もいますし、指先を刺されただけで手がグローブのように膨れ上がる人もいるようです。

ここまでは、オニヒトデの持つ毒の症状ですが、人によっては毒に対してアレルギー反応を起こして、呼吸困難などの全身症状を生じる場合もありますし、時には死亡するケースもあります。

 

刺されたらどうすればいいのか?

オニヒトデに刺されたら、何よりもまずはその場から遠ざかり、海から出ます

 

患部に針が残っていればそれを除去します。

 

刺された場所を圧迫してしぼり、毒を体外に出します

※このとき毒を出すリムーバーがあればよいですが、なければ絞り出すしかありません。

 

毒をある程度除去したら、患部に45~55度のお湯(できれば55度以上)をかけ、毒を死活させます。

※このときお湯をタオルに浸し、蒸しタオルの状態にして患部に当てても症状を抑えられるようです。ただしこの方法の場合は、タオルの温度が下がっていくので、注意して取りかえていく必要があります。

※すぐにお湯を用意できない場合には、熱せられたコンクリートやエンジンの熱など、代わりになるものを探してください。

 

全身的な症状が出たり、症状がきつい場合には、医療機関で診てもらって下さい。

 

 

むやみやたらに触らないことが一番ですが、知らない内に刺されてしまうこともあります。刺された驚きと痛みで、パニックになって溺れてしまうこともありますから、あらかじめの知識を持って、対応できるようにしておきましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

刺された・噛まれたに関する記事

海で漂うクラゲに注意!クラゲに刺されたときやってはいけない2つのこと

   プールならまだしも、海水浴場は自然の一部ですから、岸に近い場所であっても危...

クラゲに刺されたときの症状を知ろう!毒による症状からアレルギー反応症状まで

   クラゲは、そのフワフワと漂う様子からは想像できないくらい危険な生き物です。...


すぐ近くにいるかもしれない…毒を持つセアカゴケグモに噛まれたら…○○な症状が出たら注意!

  平成7年に大阪城で、セアカゴケグモという毒グモが発見されたニュースを知ってい...

毒グモ、セアカゴケグモに咬まれた!有効な対処法は?しちゃいけない行動は○○

  人が生活しているすぐ横に、毒グモの危険が迫っているといったら、日本では驚かれ...

カラダノートひろば

刺された・噛まれたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る