カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 治療 >
  5. 精神安定剤や睡眠導入剤など…抗うつ剤で更年期症状を改善?

女性のカラダの悩み

精神安定剤や睡眠導入剤など…抗うつ剤で更年期症状を改善?

 

 

更年期治療で主に用いる3つの薬の1つとして、
抗うつ剤による治療があります。

 

更年期には、身体的症状だけでなく精神神経症状も現れるため、
精神安定剤睡眠導入剤を使ったり、薬物治療以外に、カウンセリング心理療法などが行われることもあります。
 

女性の更年期障害における代表的な症状には、

・眠れない・不安になる・ほてり・発汗・動悸

などがあり、症状は人によってさまざまです。

 

これらの症状に対処するには、西欧では、ホルモン治療が一般的ですが、

 ホルモン療法ができない人、もしくは

ホルモン療法を避けたい人がいるので、特定の抗うつ剤が注目されてきました。

 

医学的研究では、抗うつ剤の効果は認めれていますが、副作用があるため、長期間の服用の安全性が保証されていず、危険性が指摘されています。

 ホルモン補充治療法も同様に副作用が発見され、不正出血が起こる可能性や、

5年以上の長期使用をした場合に乳がんのリスク
多少高まる可能性があります。

そのため、乳がんの治療後には受けることができません。

 

米国政府の調査結果報告では、2002年以降、一時、多くの女性がホルモン剤を敬遠して、代わりに選ばれていた薬が抗うつ剤だったという話です。

現在では、安全かつ有益なホルモン補充療法の開発が進んでおり、過去の様なことはないので安心して使用している人は多くなっています。

 
・抗うつ剤に対して正しい知識を

2006年7月に開催された女性心身医学会では、多数の医師が
HRTSSRIと呼ばれる種類の抗うつ剤との併用が、
更年期世代のうつ症状に効果を発揮していると発表しました。

 

また、エストロゲンSSRI併用療法の効果では、
閉経後の女性のうつ病については、投与により
良好な体調に変化したという結果になっています。

 怖がらずに抗うつ剤についても、考えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

(Photo by //www.igosso.net/se.cgi?q=%E5%A5%B3%E6%80%A7&lia=1&lib=1&lic=1&lid=1)

著者: シッポさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

ホルモンの少ない状態に慣れることが目的?漢方薬の更年期治療

  更年期に、なんとなく体全体が調子が悪いという症状に対して、自己治癒力を除々...

つらい更年期障害に効果的!ホルモン療法ってどんなもの?

■女性だけではない更年期障害 更年期障害は女性がなりやすい、加齢による様々...


納得できる治療を選びましょう

カウンセリングや各種検査によって、更年期障害であることが判明した場合には、コンデ...

ホルモンバランスの変調を防ぐ?中国鍼灸治療で更年期症状を緩和

更年期は様々な症状が複合して起こるものですが、つらい症状がある人のために、中国...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る