カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 靴ズレ >
  5. 靴ずれは靴選びで予防できる!靴擦れを防止する靴選びのポイントとは?

気になる病気・症状

靴ずれは靴選びで予防できる!靴擦れを防止する靴選びのポイントとは?

 

 

楽しいお出かけの最中に足が痛い…なんて体験ありませんか?

靴を脱いでみると皮が剥けてる、水ぶくれができている…そう、いわゆる靴擦れです。

その瞬間から痛みと戦わなければいけませんし、外出の楽しいテンションも落ちてしまいますよね。ではそんなときにはどう処置をするのが良いのでしょうか?

 

とりあえずの絆創膏

靴擦れに気が付いたらとりあえず患部に絆創膏を貼りましょう。とりあえずの絆創膏です。

皮が剥がれていたら無理にはがすことはせずに、その上から絆創膏を貼りましょう。

水ぶくれができていたらつぶさずに、その上から絆創膏を貼っておきましょう。

外出先に救急箱を持って出かける人は少ないと思いますが、絆創膏でしたら、バッグの中に何枚か入れておくことはできますよね。お財布の中に常に入れておく人もいるでしょう。

また、靴擦れ専用の絆創膏も出ていますので、それを常備しておくのもオススメです。

 

靴擦れをする前にあらかじめ予防

靴擦れができてから処置をするというよりも、靴擦れができるということを見越してあらかじめ絆創膏を貼っておくのもいいかもしれません。

もしくは、少し違和感を感じた時点で靴を脱いでみて、赤くなっていたりしたら、絆創膏を貼っておきましょう。そうすれば、ひどい状態にならなくて済みます。

 

家に帰ってきたあとの対処法

出先から帰ってきたら、一度絆創膏をはがして、患部をきれいにしましょう。

そして、また絆創膏を貼っておいてください。水ぶくれができている場合は、つぶしたい衝動を抑えそのまま、また絆創膏を貼っておいてください。

※針等で中の水を抜く人が多いとおもいますが、そこからばい菌が入ってしまったらとても厄介ですのでやらないようにしてください

そして、しばらくは普段履きなれた靴で過ごしましょう。

 

上記で紹介したのはあくまでも軽度の靴擦れの処置の仕方です。傷口がなかなか治らない、悪化してきてしまったら、放っておかずに必ず病院で治療を受けるようにしてください。

 

 

靴が自分の足に合っていないのが原因?!靴ずれを起こさない靴選びのポイント

新しい靴を買ってその靴を履いて出かけた時に、靴ずれを起こしてしまうということは、多くの人が経験したことがあると思います。かかとや指の付け根が赤く腫れたり、擦り剥けて血が出たりしているのに、外出先で裸足になって帰るわけにもいかず、痛いのを我慢して履き続けなければならないこともよくありますよね。

靴ずれの原因はたいてい、靴が足に合っていないことにあります。そこで、今回は靴ずれしない靴を選ぶためのポイントについてご紹介します。

 

靴ずれしない靴選びのポイント

・靴をためし履きしてサイズを確かめる

基本ですが、サイズが合っていないとだいたい靴ずれしています。小さすぎるのはもちろんですが、大き過ぎても中で足が動き、靴ずれを起こしやすくなります。デザインによって、自分が把握しているサイズとちがう場合もあるため、ためし履きをすることはとても重要です。

 

・かかとのラインを確認する

足の形は、足の裏からかかとを上がった足首あたりで一旦くびれています。このラインは人によって異なります。このラインにあっている靴を選ぶと、かかとの靴ずれの予防になります。

 

・つま先の確認

靴が自分のつま先に合っているかを見る際は、足の指のラインを見ます。足幅が広いものは、たいていつま先の靴ずれは起こしませんが、足幅が狭いものはきちんと確認してください。また、つま先が細い靴を履きたい場合、足指をつぶさないよう縦に長いデザインのものを選ぶと、靴ずれしにくいようです。

 

・サイドラインの確認

足の両サイドにある指の付け根付近の骨は、意外と靴ずれを起こしやすい部分です。柔らかな素材のぴったりした靴の場合、この骨のラインが外からわかると靴ずれになりやすいようです。このため、骨のラインが外からわからない靴を選ぶことがオススメです。

 

以上が、靴ずれを起こさない靴選びのポイントです。靴を購入する際には、気にかけてみてください。

 

いつも靴擦れがひどい!!靴選び以外で靴擦れを予防する方法

新しい靴は履いてしばらくの間、靴擦れが起こりやすいですよね。靴擦れを防ぐ方法として、自分に合った靴を選ぶという方法が最も良いのですが、既製品で自分の足に合うものを探すのは難しいと思います。今回は、靴選び以外で靴擦れを予防する方法についてご紹介します。

 

靴選び以外の靴擦れの予防~グッズ~

靴選び以外で靴擦れを予防するには、靴擦れ防止グッズを利用する方法があります。摩擦によってできる靴擦れに対しては、靴のかかと部分に貼って摩擦を減らす透明のシールや、靴のかかと部分にクッションを入れて摩擦を減らす、柔らか素材の低反発フォームというものがあります。メーカーによりますが、だいたい1000円以内で購入できます。

 

靴のサイズが大きく、足が動いてしまいできてしまう靴擦れに対しては、中敷きを入れて足を固定し、靴擦れを防ぐことができます。

少し靴が合わないだけであれば、靴擦れが起きやすいと思われる部分に絆創膏をはる、靴下を重ねて履く、厚い靴下を履くといった簡単な方法もあります。

 

靴選び以外の靴擦れの予防~靴を柔らかく~ 

また、靴の素材が革性の場合、靴を磨く際のオイルやクリーム、スプレータイプなどのお手入れ用品で、履く前に靴を自分の足になじむように柔らかくする方法もあります。

 

手順としては、オイルやクリーム、スプレータイプのお手入れ用品を、靴擦れの起きやすい部分に満遍なく塗りこむといった簡単なものです。1回塗りこむだけでは柔らかくならないことがほとんどのため、何度かしっかり塗りこんでください。

 

以上が、手軽に出来る靴擦れ予防方法です。靴擦れ予防グッズで靴擦れを防ぐこともできますが、自分に合った靴をきちんと探すのも大切です。

 

靴を購入する際は、足のサイズに合う、素材が自分に適している、歩いてみた際の足の力の入れ具合が自分に合うなどを、総合的に判断して選ぶことをお勧めします。

 

痛い靴擦れ・・・本当に靴のせいだけ?足の変形によって起こる靴擦れについて

靴擦れと言えば、その原因は足に合わない靴だと決まっているように思われています。ですが、全面的に靴の方に原因があると決まっているわけではありません。足の形状は個人差があると言うだけで無く、骨の変形などで足の形状が通常とはかけ離れている人も存在することを忘れてはいけません。

 

足の一部の骨が飛び出していたり、足に指が変形していたりしては、足のサイズがあっていても、既製品の靴では完全にフィットすることは不可能でしょう。

そんな足の変形によって靴擦れを頻繁に発症する人の足は、水ぶくれに慢性的に悩まされることとなります。

 

足の変形による靴擦れ

1.足の骨の一部が突出

親指の付け根や小指の付け根など一部の骨が突出しているとその部分が常に靴と接触し、摩擦する状態となり靴擦れを誘発してしまいます。

 

2.左右の足の大きさが違う

靴を選ぶ際に通常どちらか片方の足のサイズに合わせたセットの靴を買うことになります。

左右の足の大きさが極端に違う場合は、常に片方の足はサイズ違いの靴を履くことになり、やはり靴擦れのリスクが高まるでしょう。

 

3.踵の形状が靴に合わない

靴の踵は靴の中でも硬い構造でできています。そして足の踵も人体で最も硬い部位です。

この両者の形が合わないと、いつまでも靴と足がなじむことが無く、慢性的な靴擦れを起こすこととなってしまいます。

 

外反母趾や内反小指など、合わない靴を履くことで患う足の変形は数多く存在します。

そんな足の変形が、靴擦れをさらに増やし、水ぶくれをどんどん発生させることになるのです。その場合の靴擦れの水ぶくれは、元となる足の骨の変形を治療するか、変形した部分を重点的に保護する装具を利用するしかありません。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

靴ズレに関する記事

靴擦れ予防と対処法はコレ!

なれない靴をはいたり、長時間歩いたりすると、水ぶくれができてしまいますね。 ...

カラダノートひろば

靴ズレの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る