カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. >
  5. 夏野菜を使った肌に良い手作りパックを作ろう★きゅうりパック、茄子パックで紫外線カット!

美容・ダイエット

夏野菜を使った肌に良い手作りパックを作ろう★きゅうりパック、茄子パックで紫外線カット!

夏野菜は肌への良い効果が期待できるので、毎日の食事で積極的に食べよう!と頑張っている方もいるかもしれません。

 

ですが、実は、夏野菜の効果を肌へ与える方法は“食べる”だけではないのを知っていましたか?
おうちで簡単に、夏野菜を使った美容パックが作れてしまいます!
是非、夏の暑い時期、料理であまってしまった野菜の端部分をパックに活用してください。

 

紫外線にも効果的!きゅうりパック★

・きゅうりの絞り汁(ブレンダーで細かくしてもOK):おおさじ1
・ライムジュース:おおさじ1
・ターメリック:小さじ1
これらの材料をしっかりと混ぜ、コットンやフェイスパックに染み込ませて、顔に乗せます。
キュウリの成分には、美肌効果があるだけでなく、強い紫外線を沢山浴びた肌へのケアにも最適です。

 

肌の老化を防ぐ!茄子パック★

・なす(皮ごとすりおろし)

すり下ろした茄子をそのままパックとして使用します。

しかし、直接肌へつけてしまうと、刺激が強いため、ガーゼなどを顔に乗せ、その上に茄子を塗っていきましょう。

茄子に含まれるポリフェノールの抗酸化作用が肌の老化を予防させる効果があります。

 

夏野菜パックを行う際の注意点!

いくら肌に良いと言われていても、肌が弱っていたり、敏感な方、炎症・傷がある方や、野菜が肌に合わない方などは、パック後に肌が痒くなってしまったり痛みを感じるケースもあります。

 

夏野菜パックをする前には、必ず、腕などの皮膚が薄い部分でパッチテストをおこなってください。

 

1.少量のパックを腕に塗り、20分程放置して、様子をみましょう。

2.20分経った後で、綺麗に水で洗い流してください。

3.その後の肌の様子も観察し、問題が無いようであれば、夏野菜パックを試してみてください。

 

夏野菜と聞くと、“食べる”ことばかり考えてしまいますが、パックとして塗ったり、スライスして湯船に浮かべてみる…などの方法もあります。

肌への刺激が強いこともあるので、様子を見ながら無理をしない範囲でおこないましょう。

 

痒み・痛みを伴った場合にはすぐにパックを止め、症状が悪い場合には皮膚科を受診してください。

(Photo by:写真AC

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

顔に関する記事

緑内障治療薬の副作用で育毛?!まつ毛の育毛剤『グラッシュビスタ』とは

近年、化学繊維で作られたまつ毛をグルー(瞬間接着剤)で接着させる『まつ毛エクス...

目のまわりの筋力強化をすることがくま予防になる!?

  年をとると脂肪が垂れてきてしまうのは、加齢と共に全身の筋力が低下していくこ...


キメのある肌になりたい!肌の美しさを取り戻す対処法とは?

「キメのある肌になりたい」「なんだか肌がゴツゴツして嫌だ・・・」そんな思いを...

アボカドオイルの効果を引き出すために大事なこと!買うとき・使うときに気にすべき「品質」

色々な健康オイルに次いで、「アボカドオイル」が注目されているのを知っています...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る