カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 外科療法 >
  6. -196℃で骨肉種を凍結して骨再建?最先端の骨移植法とは

ガン・悪性腫瘍

-196℃で骨肉種を凍結して骨再建?最先端の骨移植法とは

骨に出来る悪性腫瘍(悪性骨腫瘍)の標準治療は手術による切除であり、切除部分が小さい場合や関節を含まない場合などは、移植などは行わず骨の延長を行う骨延長術を行います。しかし、切除部分が大きい場合や関節を含む場合などは『処理自家骨移植』という切除部分を処理して再移植する方法が行われ、従来では高熱で処理するオートクレーブ処理や放射線処理が中心に行われていました。しかしこれらの欠点は、骨の強度が弱くなることで再建後骨折の合併症が起こるという点でした。

 

そして現在、新たな治療法として『液体窒素で腫瘍骨を処理する(凍結療法)』という方法が開発され(金沢大学)、非常に注目を集めています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

凍結療法の特徴とメリットとは?

 

『凍結療法』とは、腫瘍が入っている骨を切り取った後、マイナス196℃の液体窒素につけて凍らせて、その後解凍することによって、腫瘍細胞を殺すように処理を行ってから、再び体内に戻すという方法です。

 

<この治療を行うメリット>

この治療法では、骨が低温で凍結されることから、本来骨に入っているタンパクや酵素が変化せず骨内に保存されます。これにより、他の処理方法と比較し、処理後に骨の強度が低下せず、骨折しにくく、また、骨内に新しく血管や骨を再生する細胞が進入しやすいことから、従来の熱処理骨移植に比べて、早期に骨癒合が得られるという利点があります。さらにこの方法は、これまでの放射線処理骨や加温処理骨のような施設や特殊な装置が不要であり、簡便に行うことができます。

 

手術の実際について

 

骨を液体窒素に浸す方法は2つあります。この治療法の研究を行っている順天堂大学医学部附属順天堂医院では、可能な限り有茎処理を選択しています。

 

◆骨を2カ所で切断して腫瘍骨を切り取る『遊離処理』

⇒手技は簡単だが、骨切りが2カ所になるため骨がつながるのに1年近くかかることもある。

 

◆1カ所だけ切断して骨を突き出す『有茎処理』

骨切りが1カ所のため、切断された骨がくっつかずに離れたままの状態でとどまる可能性が低く、切断していない骨から生きた細胞が移行するのに有利。2~3カ月で切断面がつながる。

 

例)大腿骨の有茎処理の手順

1)腫瘍がある骨を切り出す。

2)液体窒素に20分浸して凍らせる。

3)室温で15分かけて徐々に解凍する

4)蒸留水に10分浸して常温に戻す。

5)骨を元の位置に戻して内固定材料(インプラント)で固定する。

 

<手術を行う条件>

◆骨の強度が一定以上あることが必要

⇒骨強度が著しく低下している場合(がんによる骨破壊で)、手術を受け骨を戻しても過重や運動に耐える強度がないため。

 

◆人工関節を使用しても途中で入れ替え手術が必要になるような年齢であること

高齢者の場合は、術後の生存期間から人工関節置換が適している

 

<関節面は、人工関節を使用する>

関節面を凍結処理すると軟骨細胞は再生せず、関節の機能が失われてしまいます。そのため膝関節など荷重のかかる関節には、関節面だけを人工関節に置換して処理骨と併用する再建を行います。

 

<術後の回復は?>

手術時間は、約2~8時間。入院期間は通常1カ月程度かかります。その後、脚の骨の場合は、術後1週間頃から松葉杖で歩けるようになり、その頃からリハビリを始め、平均して術後2~3カ月で松葉杖なしでも歩けるようになると言われています。

 

最後に

 

順天堂医院によると、2008年に凍結療法を開始後、現在までに11人の患者(年齢:10~50代)を治療し、術後2年が経過したが、凍結処理を行った骨に腫瘍が再発した事例は現段階ではないとされています。

 

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E8%A6%81%E7%B4%84-%E9%9D%92-%E5%86%B7-%E7%B5%90%E6%99%B6-%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97-%E6%B6%B2%E6%BB%B4-%E5%86%B7%E5%87%8D-%E6%B0%B7-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E9%9B%A8-22122/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外科療法に関する記事

外科的手術が適応かどうかの医師の判断基準って?がんの治療

   がんの治療をしていくなかで、「あなたの場合は手術が適応ですがどうしますか...

開腹から腹腔鏡へ 移り変わる胃がんの手術をご存知ですか?

胃がんの治療法は、他の多くの悪性腫瘍同様、化学療法・外科的手術による病巣の摘出...


がん手術をした翌日にもう仕事復帰!これからのがん手術は「短期化」する!?

   タレントの大橋巨泉さんは、何度もがんの治療を受けています。2015年の1...

がん手術の技術の進歩!縮小手術のメリットとは?手術後の生活の質

  がんは組織の中に深く進行していったり、広がったり、転移するものです。だから...

カラダノートひろば

外科療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る