カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 基礎知識 >
  5. 気になる生理中のにおい…どうやってニオイ対策をしたらいいの?

女性のカラダの悩み

気になる生理中のにおい…どうやってニオイ対策をしたらいいの?

生理のニオイは気になりますよね。自分でニオイを感じるのだから、他の人にもばれているのではないかと思ってしまいます。

実際に自分ほど、他の人が経血のニオイを感じているわけではないですが、多少は周りの人でも他人の経血のニオイに気づくことはあるようです。

 

また、生理中は体臭が強くなるのか?ということも気になりますね。

ここでは、生理中のニオイについて見ていきましょう。

 

生理中は体臭が強くなる?

生理の前後で体臭が変化する原因について、医学的に解明されていません。

ただし、いくつか仮説があります。

 

ナプキンの臭い

生理の時に分泌される血液そのものは無臭ですが、体外に排出され外気に触れることで細菌が繁殖し、臭いを発するようになります。

ですから、予防にはこまめにナプキンを交換することが大切です。

 

また、ナプキンだけなく陰部に付着した血液に、細菌が付くことも臭いの原因となります。

ナプキンの交換だけでなく、陰部周辺もこまめに清潔にするように心がけましょう。

 

細菌は高温多湿を好む性質があるため、陰部が蒸れないような服装を心がけることも大切です。

具体的には、タイトなジーンズや身体を締め付けるガードルのような物は陰部が蒸れやすく臭いの原因となります。

また、ミニスカートも外気に触れやすいので、あまりオススメできません。

締め付けのないパンツスタイルや、ゆったりとしたロングスカートがオススメです。

 

嗅覚が敏感になる

生理の時はホルモンバランスが崩れ、普段より嗅覚が敏感になる可能性があります。

これにより、普段気にならない自分の体臭が気になってしまうことがあるようです。

 

汗の分泌が増える

女性ホルモンには、汗腺(汗がでる腺)の調節機能をコントロールする働きがあります。

生理の前後はホルモンバランスが乱れ、汗腺の調節がうまくできなくなり、普段より汗をかきやすくなる傾向にあります。

 

汗自体には臭いはありませんが、生理の血液と同様に汗に細菌が付着すると体臭の原因となります。

つまり、ホルモンバランスの乱れにより汗の量が増え、その結果体臭が強くなる場合があります。

 

体臭は強さに個人差はあっても、誰もがもっている生理的な現象です。

生理の時は、ホルモンバランスが乱れ気分も落ち込みがちです。ゆったりとした気分で過ごすことをオススメします。

 

夏は特に気になる生理中のニオイ

夏の生理で困ることのひとつが、「ニオイ」だと思います。

経血自体にニオイがある場合もありますが、その場合には婦人科系の病気などが疑われます。

 

先述したように、経血が体外に出ることで皮膚の上にいる雑菌が、ナプキン内の湿度の高い好環境を借りて繁殖し、ニオイが発生します。

雑菌が繁殖しやすく、気温が高いためにニオイ成分が鼻に届きやすい夏は、特に気になる人が多いようです。

 

夏の生理のニオイ対策

ナプキンをこまめに取りかえる

定期的に蒸れを解消できますし、雑菌が繁殖した経血を長時間放置することも避けられます。これによって肌のトラブルも避けることができます。

 

通気性を確保する

ニオイが気になるとそのニオイを閉じ込めようとして、密閉できるようなものを着てしまいがちですが、これは逆効果です。

密閉されればさらに蒸れやすくなり、雑菌の繁殖しやすい環境になります。

通気性の良い下着やスカートなどを履き、ストッキングやガードル、スキニーなどは避けたほうがよいでしょう。

 

ナプキンは薄型・速吸収性・消臭機能付き

ナプキンの種類を選ぶとしたら、薄型で空気が通りやすいものがよいです。

また波形加工や、突起加工がされているものは、皮膚との接触面が少なくなるので、経血を素早く吸収してくれ、肌表面の雑菌に触れにくくなり、ニオイが発生しにくくなります。

さらに、消臭機能が付いたナプキンを選ぶのもよいです。

 

陰毛のケア

毛によって、ニオイ成分がそこにとどまってしまうことがあります。

そのため、陰毛についた経血をウエットシートで拭うなどすると、ニオイを抑えられます。

ただしこのとき、アルコール除菌のタイプではなく、専用のものを使って下さい。

 

また、夏の間だけでも、風通しがいいようにカットするのもよいです。

タンポンという手もありますが、タンポンは入れっぱなしにしていると炎症が起きたり、腐敗臭がすることがありますので、扱いには注意しましょう。

 

夏だからといって、ニオイを諦める必要はありません。しっかりニオイ対策ができれば、生理期間中でもニオイを気にしないでいられますよ。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

生理痛のこと、知っていますか?知っておきたい生理痛のメカニズム

毎月生理痛に悩まされているけれど、そもそも生理痛がなんで起きるのかわからないと...

女性の悩み、生理痛・・・特に春は生理痛に要注意!その理由とは?

    春は生理痛に要注意    日ごとに暖かくなり、服装と心も軽や...


生理が8日以上続いている、経血の量が多い…症状の裏には子宮筋腫の影がある!?

子どもを産むための準備として、10代から毎月続く生理ですが、この1ヶ月に1度、...

煩わしい生理が来なくてラッキー?早期閉経になったらなりやすい病気

普通は50代前後でくるはずの閉経が、40代やもっと早い年齢で来るなんて・・・...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る