カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 関節リウマチってなんだろう?

関節痛・腰痛

関節リウマチってなんだろう?

 

・関節リウマチとは


関節リウマチは関節炎を主症状とする慢性の炎症疾患で、滑膜で多発することが多いです。


関節炎が続くと関節が破壊され、進行していくと日常生活でも支障をきたしてしまいます。


比較的女性に多い疾患で、年齢は10代から60代まで幅広く発症します。


細かい原因は現在も不明ですが、遺伝的な要因と環境的な要因が組み合わさった時に発症すると言われています。

・症状


最初は数カ所の関節炎ですが、次第に進行して多くの関節に及びます


一般的に左右対称に発生することが多く、特に朝の起床時に関節を動かしにくい「こわばり」を認めることがあります。


5~10分程度のこわばりは他の疾患でも見られることが多いですが、関節リウマチの場合は1時間以上継続することもあります。


また、炎症によって関節が腫れて痛みがでます。痛みは何もしていなときの自発的な痛みから運動しているときの痛み、抑えたときの痛みなど様々な痛みが出てきます。


関節の破壊が進行してしまったり、軟部組織が弛緩してしまうと変形が進行してしまい「スワンネック」と呼ばれる形に変形することがあります。


手足の関節以外では首の背骨に症状が出やすく、痛みが走ったり亜脱臼してしまうこともよくあります。

 

・(Photo by //www.ashinari.com/2011/07/31-348682.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

検査・治療に関する記事

リウマチ症状の4つのステージ

    リウマチというと痛そう、というイメージがある方も多いかもしれません。...

おかしいと感じたらすぐ病院へ!抗リウマチ薬の自己注射の注意点

  抗リウマチ薬の生物学的製剤には、自己注射できるものがあります。自己注射にな...


関節リウマチに聞く生物学的製剤の特徴

関節リウマチは、自己の免疫機能が暴走し関節部分を傷つける大変深刻な病気です。自己...

2012年に誕生、日本生まれの抗リウマチ薬!イグラチモドとは?

 リウマチ治療に使われる抗リウマチ薬はアメリカ、イギリスなどで作られた薬が多...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る