カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 病院 >
  4. 睡眠導入剤 >
  5. 「睡眠薬」と「睡眠導入剤」って何が違うの?同じ不眠に使う薬でも、ちょっと違うんです

不眠・睡眠障害

「睡眠薬」と「睡眠導入剤」って何が違うの?同じ不眠に使う薬でも、ちょっと違うんです

 

不眠の症状に悩んでいる人は、薬の力に頼ることもあります。ですが不眠に関する薬と言っても、種類が豊富で特に自分で選ぶ市販薬になると、どれを選んでよいのかわかりません。ただ不眠に効く薬と言っても、睡眠薬といったり、睡眠導入剤といったりもします。これらは何が違うのでしょうか。

 

睡眠薬と睡眠導入剤の違いはない!?

睡眠薬と睡眠導入剤には、厳密に定義されて区別されるわけではないようです。そのためこのふたつの言葉を区別せずに使っていることも多いですし、同じ意味として使われていることもあります。

ではなぜ、このふたつの名前があるのかというのが問題になります。元々言葉として先にあったのは「睡眠薬」です。ですがある時期から、睡眠薬という言葉に対して嫌なイメージがつくようになりました。それが睡眠薬の大量服用による自殺です。睡眠薬という言葉にこのイメージがつくようになったため、新しい呼び方として登場したのが睡眠導入剤という言葉なのです。

 

じゃあ、本質的には違わないの?

睡眠薬は、大量服用をすれば命が危険になるというイメージが定着してしまいました。その強力なイメージを払しょくするために睡眠導入剤という言葉で、成分を弱めているという印象を打ち出したのです。

当時はバルビタール酸系の睡眠薬がありました。これは抗うつ薬に用いるような相当に強い薬で、この大量服用によって自殺事件が起こっていました。このバルビタール酸系は、今はほとんど出回っていません。

これに対して睡眠導入剤という言葉になってからは、ベンゾジアゼピン系の薬が主流になっています。これは大量服用したとしても、命が危険にさらされるような強い効果は持っていません

 

 

このふたつの言葉を指すものに厳密な違いはありません。また効果が弱くなったからといって、副作用などを気にせずに使っていいということでもありません。なるべく自然の眠りに近い状態にしていくことが必要なのです。

 

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠導入剤に関する記事

睡眠導入剤の4つの副作用

  睡眠をサポートしてくれるのが睡眠導入剤です。睡眠導入剤を利用した薬物療...

睡眠薬の種類によって、飲むタイミングに違いはあるの?就寝前20-30分でもOKです!

睡眠薬には短時間型、中時間型、長時間型という3つの種類があります。それぞれの効...


短時間型や長時間型…睡眠薬の種類に応じた使用法・注意点

  効果が表れる時間によって分類される睡眠薬ですが、その特徴や注意点を紹介...

睡眠導入だけではない?!高い抗がん・抗酸化作用もある『メラトニン』

米国では、気軽にドラッグストアで購入できる睡眠剤の代用サプリメントとして人気の...

カラダノートひろば

睡眠導入剤の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る