カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠薬 >
  4. 副作用 >
  5. 現代の睡眠事情に効果を発揮する睡眠導入剤「ロゼレム錠」…副作用のない薬って本当?

不眠・睡眠障害

現代の睡眠事情に効果を発揮する睡眠導入剤「ロゼレム錠」…副作用のない薬って本当?

 

睡眠導入剤は脳の機能をオフにすることで効果を発揮しますが、全く違うアプローチをする種類の薬があります。それが人の睡眠と覚醒に関係するホルモンに働きかける。ロゼレム錠という薬です。ロゼレム錠というのは製品名で、成分の名前はラメルテオンといいます。

 

ラメルテオンは「体内時計」を正す薬

近年増えてきている不眠症の原因で、体内時計の乱れがあります。本来人は体内時計に従って、睡眠と覚醒を一定のリズムで刻んでいきます。しかし、昼夜逆転の生活をしていたり、就寝の時間が不規則だったりすることによって、そのリズムが崩れ、睡眠に障害が出ることがあります。

ラメルテオンはこの体内時計の乱れを正し、自然な睡眠のリズムをつくってあげることで、自然な眠りを誘う効果があるのです。

 

どうして体内時計を正すことができるのか?

人は脳内の視交叉上核という部分で、睡眠と覚醒のサイクルをつくっています。ここで二つのスイッチングをし、体内のリズムを刻んでいるのです。いわば、体内時計の機能を担っているということです。

ラメルテオンはこの視交叉上核にある、メラトニン受容体を刺激します。

メラトニンは脳の別の場所から放出される、睡眠を促すホルモンです。このメラトニンを受け取る場所であるメラトニン受容体をラメルテオンが刺激するのです。

この刺激がによって、睡眠中枢が活発になり体が睡眠に向かって省エネモードになるように脳から指示が出て、睡眠へと向かっていきます。

このような、本来あるべき流れで睡眠が促され、自然な眠気を誘うことができるのです。

 

従来の薬にあったが、この薬にない効果も

従来は脳や体の活動をオフにすることで、眠気を促していました。従来の睡眠導入剤と、このラメルテオンは全く違うメカニズムで働きます。そのため、従来の薬にはあった、鎮静作用抗不安作用といった効果はありません

睡眠にトラブルを抱えている人の中には、こうした不安心理によって、眠りにつけないという人もいます。そういった場合には、ラメルテオンの効果は薄いです。

 

 

副作用のない薬を言われていますが、その分効果は小さめで、重症の不眠には効きません。また長期に服用を続けた場合では、いくら副作用が少ないとされていても、多少の副作用やアナフィラキシー様症状が出ることがあります。

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副作用に関する記事

眠いのに寝れない!睡眠薬や睡眠導入剤によって起こる副作用とその対処方法

   現在、日本では国民の20%程度が何らかの睡眠障害を持っており、問題となっ...

その不眠、薬の副作用が原因かも!不眠の副作用がある薬について

不眠の原因のひとつとして、薬の副作用も考えられます。 お薬をもらっている人は、...


睡眠薬を飲み続ける…強い薬を飲むことでできる「薬への耐性」とは?薬が効かなくなるって本当?

  不眠のときに使用する睡眠薬は、効果の小さいものからはじめて徐々に強いものにし...

現代型不眠に効く睡眠導入剤「ロゼレム錠」副作用が少ないとはいえ、どんな副作用があるの?

  現代型不眠と言われる不眠を知っているでしょうか。従来の不眠とそれに対する薬と...

カラダノートひろば

副作用の関連カテゴリ

副作用の記事ランキング

人気体験談ランキング

不眠・睡眠障害のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る