カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠薬 >
  4. 副作用 >
  5. 睡眠導入剤で見られる4つの副作用症状!○○な症状が出たら、気をつけて!

不眠・睡眠障害

睡眠導入剤で見られる4つの副作用症状!○○な症状が出たら、気をつけて!

 

睡眠に関する薬というのは、効果が弱くても強くても、外からの力で体をオフにさせていることに変わりはありません。そのため、いくら効果の弱い薬を服用していても、服用の仕方によっては副作用が出てくることになります。

 

効果が強くなるほど副作用も強く

睡眠導入剤は、副作用の程度も種類によって違います。薬が作用する時間や、作用する強さによって、体に及ぼしている影響が大きいのですから当然です。睡眠導入剤を服用する際は、なるべく副作用が小さく、効果も小さいものから始めます。ですがそれで十分な効果が得られないとなると、次第に副作用も大きく、効果も大きいものに移行していきます。

 

どんな副作用があるのか?

薬によって強さは違うものの、睡眠導入剤には以下のような効果があらわれる可能性があります。

 

・持ちこし効果

本来睡眠導入剤は、睡眠中に効果を発揮し、覚醒するときにはその効果が消えているというのが理想です。しかし薬の効果時間や、体の代謝能力によっては、想定よりも効果が長くなってしまうことがあります。

そうすると起きた後も、眠気、それに伴うふらつき倦怠感脱力、そして頭重感などの症状が伴うことがあります。

 

・記憶障害

睡眠導入剤を多量に飲んだりアルコールと併用してしまったりすると、薬の効果が増強されて記憶障害が起こることがあります。記憶障害と言っても重い物ではなく軽いもので、薬の効果が体から無くなれば、記憶はもどります。

 

・筋弛緩作用

睡眠導入剤は、脳や体をスローダウンさせるものです。脳は体の司令塔ですし、体自体の機能も落ちることで、筋肉が弛緩してしまいます。普通に歩けていても、立ち上がるときにうまく踏ん張れずに転倒したり、ちょっとした力が加わることで転んで骨折してしまうこともあります。

この作用は特に高齢者が影響を受けやすく、注意が必要です。

 

・奇異反応

ごくまれな副作用ではありますが、非常に上機嫌になったり急に叫んだりといった行動をすることがあります。

 

 

これらの反応が見られた場合には、薬の種類を変えたり、服用の仕方を考え直す必要があります。一見すると睡眠導入剤とは関係のなさそうな副作用もありますので、新しい薬を飲むような場合には特に、十分に注意して状態を観察しましょう。

 

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副作用に関する記事

睡眠薬ではなく漢方薬を希望する場合…不眠症に効く漢方薬にはどんなものがあるの?

睡眠薬だと依存などの副作用が心配なので、まずは漢方薬を試したい…という場合、まず...

現代型不眠に効く睡眠導入剤「ロゼレム錠」副作用が少ないとはいえ、どんな副作用があるの?

  現代型不眠と言われる不眠を知っているでしょうか。従来の不眠とそれに対する薬と...


睡眠薬を飲み続ける…強い薬を飲むことでできる「薬への耐性」とは?薬が効かなくなるって本当?

  不眠のときに使用する睡眠薬は、効果の小さいものからはじめて徐々に強いものにし...

副作用の少ない非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤…ゾルピデムとゾピクロンについて知ろう

薬によって眠るというのは、強制的に体の機能をスローダウンさせ、眠る状態の体に...

カラダノートひろば

副作用の関連カテゴリ

副作用の記事ランキング

人気体験談ランキング

不眠・睡眠障害のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る