カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 潔癖症 >
  4. 汚れを気にしすぎるのをやめたい…潔癖症から脱出するための3つの治療法

メンタル

汚れを気にしすぎるのをやめたい…潔癖症から脱出するための3つの治療法

潔癖症を自覚していて、自分でもやりすぎだなとは思うけどなかなかやめられない場合、本格的な治療がおすすめです。

 

潔癖症の代表的な3つの治療法を見てみましょう。

 

潔癖症の治療1.認知行動療法

潔癖症の治療の1つ目が認知行動療法です。これは、潔癖症以外の精神的な疾患にもよく用いられる方法です。

 

認知行動療法は、『自分の認知のゆがみ』を知ることが大切です。汚いと思うものは本当に汚いのか、客観的に見た場合と主観的に見た場合の違いを知ります。

 

その上で、潔癖症の治療の2つ目である曝露療法につなげていきます。

 

潔癖症の治療2.曝露療法

曝露療法は曝露反応妨害療法とも呼ばれる、こちらも精神疾患によく用いられる治療法です。

認知の歪みを知っても、実際に実行に移せなければ潔癖症は治らないので、曝露療法では実行に移します。

 

汚いと思ったものを触る、手を洗わなきゃと思っても洗わない、それでも清潔が保たれていることを確認して安心するという方法です。

この曝露療法を繰り返すうちに、清潔でいなければという不安感が徐々に小さくなります。

 

潔癖症の治療3.薬物療法

潔癖症が重度の場合は、強迫性障害の分類に含まれるので、強迫性障害の治療に使われる薬物を利用して、治療します。

具体的には、SSRIという、脳内の安心・安定物質であるセロトニンの取り込みを防ぐ薬が用いられます。

これによって不安感が少しずつ解消され、曝露療法や認知行動療法に取り組みやすくなるのです。

潔癖症の治療は、薬物治療よりも曝露療法や認知行動療法が優先されるケースが多いです。

 

軽度の潔癖症であれば、自分で曝露療法を試してみて不安が減るのを確認しながら治していくことも可能です。

 

潔癖症は脳の異常が原因?!どの診療科目を選ぶべき!?~潔癖症の診断~

潔癖症を治療するには、まず病院で検査と診断を受ける必要があります。では、潔癖症ではないか?と疑われる場合、どの診療科へ行けばよいでしょうか?潔癖症と診療科についてまとめました。

 

潔癖症には心が深く関わっている

近年、潔癖症は性格的な問題だけではなく、脳内の機能的な問題が関係していることが分かってきました。これは、ほかの強迫性障害やうつ病なども同じです。それと同時に、潔癖症の症状が出る引き金は、ストレスなど心の問題と切り離せません。そこで、心療内科・精神科・心身症専門外来などが適しているでしょう。

 

心療内科とは

ストレスなど精神的な要因が引き起こす、肉体症状を診察します。または、肉体的な要因が引き起こす精神症状も診察の対象です。つまり、心と体の相関関係を診るところです。具体的には、拒食・過食症、不眠症、さまざまな恐怖症、うつ病などです。診察・治療ともにカウンセリングを重視しているのが特徴です。初診では、とくに念入りな問診などが行われるでしょう。

 

精神科とは

精神障害(統合失調症・双極性障害・うつ病・パニック障害など)、依存症(アルコール・薬物など)を治療する診療科です。心療内科と混同されがちですが、精神科は薬物治療が中心になるケースが多いようです。

 

心身症専門外来(心身症科)

心療内科で治療対象になる症状のうち、特に心身症を扱います。ストレスが引き起こす疾患、不定愁訴、摂食障害、自律神経失調症など幅広い診療を行うところもあります。カウンセリングに力を入れている病院もあれば、脳科学的側面から薬物治療や脳波検査を行う病院もあり、それぞれに特徴があります。

 

ここに挙げた3つの診療科なら、潔癖症の診断が可能です。あとは相性や病院の傾向、通いやすさなどで選ぶのが良いでしょう。

 

生物学的要因も関わっている?!潔癖症の原因はセロトニン不足!?

潔癖症は、個人の性格によるものだと思われがちです。しかし、生物学的要因も関わっているといわれます。その1つが、セロトニン不足です。セロトニンと潔癖症の関係について説明します。

 

セロトニンとは

セロトニンは、脳内に分泌される神経伝達物質です。心身の安定や幸福感、心のバランスを保つために必要です。

 

セロトニンが不足すると

倦怠感や過食・拒食、不眠、片頭痛、便秘・下痢、冷え、免疫力低下などの身体症状が現れます。精神症状では、気力・集中力の低下、イライラする、感情を抑制できない、強い緊張、極度の落ち込みなどが見られるでしょう。

 

潔癖症とセロトニン

心身の安定に欠かせないセロトニンが不足すると、さまざまな精神疾患を引き起こすといわれます。具体的には、うつ病、自律神経失調症、不眠症、統合失調症、パニック障害、強迫性障害などです。潔癖症は強迫性障害の一種に含まれるので、セロトニン不足によって潔癖症を発症する可能性があるでしょう。

 

潔癖症をはじめとする強迫性障害の治療では、セロトニン不足を改善する薬物治療が奏効します。

 

セロトニン不足の原因

潔癖症を引き起こすセロトニン不足には、どんな要因があるでしょうか。

 

最も大きな要因が、ストレスです。長期にわたって強いストレスを受け続けると、セロトニン分泌が低下します。これは、ストレスの影響で自律神経のバランスが崩れて、セロトニン分泌に悪影響を及ぼすからだと考えられます。ほかに自律神経のバランスを崩すのは、睡眠不足、運動不足、偏った食生活などです。特に食生活では、セロトニンを生成するために必要なアミノ酸・トリプトファンの摂取が必要です。

 

潔癖症以外にも、うつ病や不眠、他の強迫性障害といった精神疾患の兆候があれば、セロトニン不足が関わっているかもしれません。

 

潔癖症の治療費用ってどれくらい?病院にかかると月に●円、カウンセリングは1回○円…

潔癖症を本格的に治療してみたいけれど、費用のことが気になっていけない、という方もいます。

ここでは、潔癖症の治療にかかる費用を見ていきます。

 

軽度潔癖症なら0円で治せる

確かに潔癖症はあるけれど、まだ日常生活への影響は少なく、周囲からも『綺麗好きだね』と言われる程度なら、0円で治せる可能性があります。

 

自分が不潔だと思うものに触れる時間を増やす、不潔だと思ってもしばらく除菌用のティッシュを使わないなど、我慢してみてください。

 

病院にかかると月に1000-4000円程度

以下で紹介する各種費用は、私が実際に潔癖症で治療を受けた時のもの、それに加えて同じく潔癖症で治療を受けた周囲の方たちの費用状況を参考にして書いています。

 

潔癖症で、医師から認知行動療法、曝露療法など、精神療法の指示をもらい、不安を減らすための薬であるSSRIを処方されたと仮定します。

医師による診察代とSSRIの処方で、費用の目安は大体月に1000-4000円程度です。

 

3割負担なら3000円、1割負担なら1000円くらいは最低でもかかると考えておきましょう。

なお、自立支援医療(精神通院医療)というものを利用できれば、保健所での申請で特定の病院での治療のみ1割負担にできます。(自己負担上限あり)

 

カウンセリングは1回5000円~

精神科の医師による心理治療ではなく、別途カウンセリングを受けて、潔癖症以外の心理的な部分でも問題解消したい場合は、1回につき5000円程度はかかると考えてください。

 

というのもカウンセリングは、基本的には保険適用外となっているので、高額になりやすいのです。

潔癖症を治すために病院にかかったとき、何度も通院する可能性が高ければ、医師の方から自立支援医療制度への申し込みを勧められるケースがあります。

 

自立支援医療制度への申し込みには医師の診断書が必要ですので、別途診断書の費用がかかります。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

潔癖症に関する記事

小さい子にもある不潔恐怖…改善は周りの大人次第です

     「何回も何回も自分の手を洗っても、まだ汚れているような気がして、何...

カラダノートひろば

潔癖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る