カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. 母乳からウイルスが感染する!?

妊娠・出産

母乳からウイルスが感染する!?

成人T細胞白血病母乳感染によってお母さんから子供へ感染する疾患です。


母乳だからといっても安全なわけではなく血液感染と同じように感染しますので、お母さんが成人T細胞白血病の保因者だった場合、約20%と高い確率で子供に感染してしまいます。


この疾患は保因者であっても発症する確率が1000人に1人と少ないので、保因者であるかどうか調べる検査などを受けるお母さんが少ないことが問題となっています。


発症する可能性は低いかもしれませんが、子供のことを考えるとちゃんと検査を行った方がいいでしょう。


・人工乳で育成


授乳によって子供に感染してしまうので、粉ミルクなどの人工乳で子供を育てることになります。


以前のものに比べると粉ミルクの栄養価は高くなってはいますが、母乳に比べるとやはり劣ってしまいます。


また、「赤ちゃんがミルクを欲しがっているのに母乳をあげることができない」、「自分の母乳は子供に悪いものなんだ」という母親の心の辛さに対してもケアしなければなりません。


・風土病?


昔は成人T細胞白血病という病気は風土病として扱われてきました。
現在でも患者の半数以上が九州沖縄に存在していますが、詳しい理由は分かっていません。


九州の各県では感染者を減らすために県をあげて様々な取り組みを行っています。

 

・(Photo by //www.ashinari.com/2009/02/23-014453.php)

著者: 沖田さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

栄養不足・抵抗力の低下…つわりの時の風邪対策

    つわりの時の風邪対策      栄養が不足しがちで抵抗力が落ちているつ...

2016年「りんご病」「おたふく風邪」に注意!妊婦、妊娠希望の方はできるだけの予防を

妊婦さんは文字通り1人の体ではありませんから、感染症などに注意しなければいけ...

感染症の体験談

妊娠中はなりやすい!? カンジダ膣炎

妊娠初期のトラブルで多いのが、つわりとカンジダ膣炎だと思います。 カンジダ菌は健康な人...

溶連菌陽性、抗生剤を点滴しながらの出産

妊娠後期の血液検査で、溶連菌が陽性だという結果が出ました。 それまで体重増加などで少しだけ注意を受...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る