カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 高所恐怖症 >
  5. ついに発見された!高所恐怖症に効果のある薬は『コルチゾールの入ったカプセル』

メンタル

ついに発見された!高所恐怖症に効果のある薬は『コルチゾールの入ったカプセル』

恐怖症の治療は曝露反応妨害療法が基本で、恐怖と思うものを体験します。その繰り返しで恐怖を押さえていくのです。

ですが、最近では高所恐怖症に効果のある薬が発見されました。

 

●コルチゾールが入ったカプセル

今回、高所恐怖症への治療効果が予測される薬として登場したのが『コルチゾールの入ったカプセル』です。

コルチゾールとはホルモンの一種で、アレルギー性疾患や痛風などの治療に用いられています。

高所恐怖症の患者40人のうち20人にはコルチゾール入りのカプセルを、残りの20人には偽薬を服用してから、高いところへ連れて行きました。

これは、プラシーボ効果を否定するための方法です。

結果的に、コルチゾール入りのカプセルを服用した20人は、普段に比べて恐怖心を感じなくなったのです。

さらに1か月後の再調査では、実験前ほど恐怖心を感じていないことも明らかになりました。

(参考:Mail Online //www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1370858/Acrophobia-Fear-heights-treated-stress-hormone-cortisol.html)

 

●今後はほかの恐怖症への応用も

コルチゾールが恐怖をある程度抑えられるなら、今後は高所恐怖症以外の恐怖症への治療に使われる可能性もあります。

最終的に、恐怖症を抑えるための薬が、日本国内でも医師の処方の元で使えるようになるかもしれません。

ただ、それはまだ遠い話で、まずは今回の研究が行われたアメリカ国内でさらに研究を進め、薬が開発されると考えられます。

 

恐怖症に効くかもしれないとの見解が得られたコルチゾールですが、そこには人間の記憶回路の血液遮断との関係があるようです。

以前高いところで味わった恐怖心を思い出そうとすると、コルチゾールが血液の流れを遮断して、恐怖の記憶が薄れるというメカニズムが、現在の有力説です。

現段階では実用化にはやや遠いので、まずは認知行動療法などでの治療を行いましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

高所恐怖症に関する記事

高所恐怖症の治療に必要な『大丈夫』な体験って何だろう?

高所恐怖症の治療は、あえて高いところに身を置く治療法ですが、その際に大事なのが...

恐怖は治まる!高所恐怖症の治療の考え方の基本

  高所恐怖症に悩んでいる方を見たことがある、身近な知り合いが高所恐怖症という...


自己流は危険!高所恐怖症の克服方法 「怖い」と思うことが治療になる!

恐怖は体を危険から守るプログラムとして欠かせないものです。しかしそれは正確に危...

高所恐怖症はアレルギーと一緒?どうして高いと恐怖を感じるの?

  自分は高いところが苦手という方はよくいると思います。 恐怖症の中でも最も...

カラダノートひろば

高所恐怖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る