カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 夏バテ対策 >
  5. 夏野菜って本当に夏バテ防止効果があるの??

健康診断・健康管理

夏野菜って本当に夏バテ防止効果があるの??

皆さんは普段から、年中野菜を食べる生活をしています。食事を食べるときに野菜がない!という事は無いかと思います。
そんな普段から何気なく食べている野菜なのに、夏の時期になると、その中からいくつか選別され【夏野菜】といわれる種類の野菜たちが注目を浴びます。夏バテ防止に効果的だと聞きますが、本当に夏バテ予防できるのでしょうか?
夏野菜だと挙げられる野菜たちには、夏に対してどんな良い効果を秘めているのでしょうか?
 

◆「夏が旬!」には理由がある!

“旬”とは辞書によると、最も味が良い・出さかりの時期、だと記されています。夏で言えば、夏の時期に直接太陽の日差しを受けて育ち、夏の時期が一番美味しい味になり、栄養価も最高値に達するとされています。夏野菜は地上に出て枝が横に広がりながら成長します。
 
きゅうりやトマト、かぼちゃなどをイメージしてみてください。このように広がる性質の野菜を食べることによって、体内の組織に対しても同様に緩み・膨らみという性質をもつようになります。このことから、体を冷やすという現象が生まれます。
 

◆なぜ夏バテの予防ができるの?

夏野菜には、沢山の水分が含まれていますし、上記で述べたように、体を冷やしてくれる効果があります。よって、猛暑の夏にとって、夏野菜は体の火照りを取ってくれたり、食欲低下になってしまわないように、高い栄養価をもっていたりと、夏バテしやすい暑さに耐えられるだけの力を蓄えさせてくれます。
 
夏野菜たちは高温多湿の環境でも、乗り切れるように、人間に必要なエネルギー・成分・栄養を保持して成長します。夏バテ防止には欠かす事のできない素材です。
 

◆理想的な夏バテ防止の食べ方は?

体を冷やすという意味で考えると、生で野菜を食べることが一番夏バテ防止には良いかもしれません。しかし、野菜の栄養価を高いまま摂取するためには、焼くという調理法よりも、蒸す方が高く&甘くなると言います。
 
お子さんが野菜を食べてくれない!という悩みを抱えてしまっている場合には、蒸し野菜にしたり、生野菜を果物と一緒にミキサーに入れ、スムージーにするなどして飲ませることで、問題なく栄養を摂取することが出来ます。夏バテ防止には、是非、素材そのままの味を食べてみましょう。
 
夏バテ防止のために夏野菜を食べるという行為は、夏になった時点で…や、夏バテになりそうだから…といったタイミングで積極的に食べ始めるのではなく、実際のところは春が旬な春野菜を食べるあたり(春の時期)から、徐々に夏野菜を取り入れていくという、前もっての習慣が必要です。
急に夏野菜を食べ始めるのではなく、春野菜から移行して夏野菜を食べる…といった、自然の流れにそった、食生活を送ることがベストです。
 
(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏バテ対策に関する記事

実はそうめんは高カロリー!?夏の食事の注意点と夏を元気に過ごすための秘訣

夏になると食べたくなる「そうめん」。口当たりもよく、暑い夏に「涼」を感じさせて...

夏においしい夏野菜!おいしいだけじゃない夏野菜の体へのうれしい効果って?

  夏は太陽の栄養をいっぱい閉じ込めた、夏野菜がおいしいですね。 旬のものは...


夏バテを予防・解消するポイントは?自律神経調節機能の低下について

  これからの季節は夏バテが起こります。夏バテになると楽しみにしていたこともでき...

夏野菜を賢く・効率よく食べよう★ほうれん草・トマト…オススメの調理法!

夏になると、夏の時期に美味しくて低カロリーな夏野菜が、よく食卓に並びます。 栄...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る