カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. 飲み過ぎた!!翌日に影響させないために“夏野菜”を!

気になる病気・症状

飲み過ぎた!!翌日に影響させないために“夏野菜”を!

夏になると、納涼会や打ち上げ、お祭りにビアガーデンなど、お酒を飲める施設がオープンするなど、お酒を飲む機会が増えます。
こんな時、誰でも経験があると思いますが、「今日は飲み過ぎてしまった…」と、後々後悔をしてしまうほどの二日酔いを経験された方は少なくありません。飲み過ぎてしまったツケを翌日に回したくない!こんな時にはどうしたら良いのでしょうか?
 

◆なぜ二日酔いになってしまうの?

そもそも、なぜ二日酔いになってしまうのか?という根本的な疑問から解決しましょう。そこを理解すれば、二日酔いを防ぐ事も出来ます。本来アルコールを飲むと、肝臓がアルコールを分解し、最終的には水と炭酸ガスになり排出されます。
 
この分解する能力よりも、摂取したアルコールの方が多ければ、分解できなかったアルコール分は肝臓によって有害物質となり体内に蓄積されていきます。体内に蓄積されることで、様々な不快な症状が体に現れてしまいます。二日酔いを防ぐためには“分解能力に見合った量・それ以下の飲酒量にする”ことが鍵になります。
 

◆翌日に持ち越さないための夏野菜おかず・つまみ!

翌日に二日酔いの気持ち悪さを持ち越さないために出来ることは、お酒の摂取量を控えることです。しかし、控えることが困難な状況もあります。こんな時には夏野菜を使って二日酔い対策を考えましょう!
 
特に注目できる夏野菜は【枝豆】です。よくお酒のお供にと、食べられる枝豆ですが、この枝豆、実はとてもアルコール摂取に良い効果を発揮してくれるおつまみなのです!
 
枝豆には疲労回復の効果があり、栄養価も非常に高いです。何よりも嬉しいことは、肝臓機能を強化してくれる役割をもっているため、アルコールを分解する肝臓にとっては強い味方になります。枝豆に含まれるメチオニンという成分はアルコールの分解を促してくれる効果もあるので、肝臓への負担を軽減させてくれ、早い段階での分解が期待できます。
 

◆二日酔いになってしまったら??

アルコールの摂取量を抑えたり、お酒と同時に枝豆を食べるなどして、事前の対策をとっていたにも関わらず、翌日に二日酔いが出てしまった…そんな時には、無理をせずにしっかり休むことが一番です。起きた朝に、水分を補給し、お風呂に入るなどして気持ちをサッパリさせる程度の対策しか出来ません。
 
二日酔いになってしまえば、どんな方法をとっても即効性は期待できませんし、皆に効く二日酔い対策などはありません。胃の不快感を感じる場合には、胃薬を…頭痛には鎮痛剤を…といった方法でしか対策ができませんが、それらの方法で二日酔い軽減の効果を発揮した!という方もいます。
 
一番は、二日酔いしてしまうほどにまでお酒を飲まないことです。二日酔いをしてしまうということは、それだけで、アルコールの摂取量と、分解できるだけの肝臓の分解能力が見合っていないという事になります。見合っていないにも関わらずアルコールを摂取し続けてしまうと、二日酔いという問題だけでは収まらなくなります。
夏はついついお酒を飲んでしまいがちになりますが、自分で制限をつけるようにしましょう。
 
 (Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

二日酔いに関する記事

アルコールによるめまいは血行の乱れ?

    アルコールを大量に摂取すると起こるめまいは、アルコールによる脳の...

肝臓の働きを高める胃腸薬は二日酔いにも効く

    胃腸薬と一口に言っても使用されている成分や効き目はそれぞれ異なっ...


飲む前にすること!二日酔いにならないための対策!

  二日酔いが起きる原因は、肝臓がアルコールを分解しきれずに残ってしまったアセト...

二日酔いにはしじみ汁!その効果とは?

    二日酔いの朝に定番と言えるのがしじみを使った味噌汁、しじみ汁です...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る