カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 夏野菜の良い選び方と、管理方法とは?夏野菜を生で食べる時の注意点

健康診断・健康管理

夏野菜の良い選び方と、管理方法とは?夏野菜を生で食べる時の注意点

夏の時期には、美味しい旬の野菜たちが沢山売られます。見た目だけの鮮やかさに留まらず、高い栄養価に、低カロリー!夏の疲れきった体を内側から癒してくれる夏野菜ですが、せっかく買う・食べるのであれば、より栄養価が高いもの!より、長持ちするもの!が良いと、誰しもが思うはずです。そんな夏野菜の正しい選び方と、管理の方法について調べてみました。
 
 

◆夏野菜の正しい選び方と見分け方

夏野菜の正しい選び方ですが、野菜によって、適切な選び方が異なるので、それぞれにハリがあったり、皮の弾力さがあったりと、見る部分が違いますが、全体的に言えることは、まず、色味が濃いものを選びます。
 
色が濃く、鮮やかな物ほど、栄養価も高く、食べごろになっている証拠です。傷が少ないものや、ヘタが均一の形でしっかりと固くなっているものなどを選ぶ事がより一層、美味しい夏野菜を見分けることが出来ます。
 

◆野菜別、野菜庫などでの管理方法

暑い炎天下の元で育った夏野菜たちは、あまりに寒い冷蔵庫で保存されると、色が変色したり味が変化してしまったりします。しかし、かと言って暑い中で冷蔵庫にも入れず外にだしておくと、どんどん腐敗が始まります。こんな夏野菜の管理には、積極的に【野菜庫】を使用しましょう。
 
野菜庫は、温度が5〜7度設定されているので、冷蔵庫よりも温度設定が高いです。変色や乾燥を防ぐために、ちゃんとラップに包んで、または袋に入れて、野菜庫へ保管しておきましょう。野菜に水分がついたままだと、腐敗がすすみやすくなるので、水分はしっかりと拭き取ることも大切です。
 

◆夏野菜を生で食べる時の注意点!

夏野菜は、調理をしなくても生で食べることが出来ます。さっぱりとした夏野菜たちをサラダにしたり、スライスしてドレッシングと和えてみたり…様々な美味しい方法で食べることが出来ますね。しかし、生で食べる時には注意が必要です。夏野菜には体を冷やす効果があるとされているので、食べるすぎてしまうもの要注意です。
 
また、販売先によっては、店頭に並ぶまでの過程で、殺菌消毒されていたり、消毒水に浸けられていた可能性もあるので、食べる前には必ず丁寧に洗ってから食べましょう。
 
 
夏野菜は美味しいだけでなく、私たちの体に様々な効果を与えてくれる、夏場には最適な野菜です。家族皆で積極的に食べてほしいものです。より栄養価の高い野菜を買い、出来るだけ長く持つように管理に気をつけ、食べる時には注意を払って、一番美味しいとされる生食で…。是非、家族皆でお試しください★
 
(Photo by //www.ashinari.com/)
 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

免疫力アップのカギは腸にあり!腸を弱らせてしまう意外な夏の習慣とは?

夏疲れで体の免疫力は低下しがちです。免疫力を上げるカギ、実は腸が握っています。...

あなたは熱体質?寒体質?タイプによって違う、タイプ別夏疲れ解消法とは?

人間の体は大まかに分けて2つのタイプに分けることができます。 それは「熱体質」...


夏本番までに知っておきたい「紫外線から眼障害を予防する5項目」、強いダメージが角膜炎に

米国では米国眼科学会(AAO)が、7月を「紫外線安全月間(UV safety m...

節電で冷たいものをたくさん食べるから体が疲れる!夏だからこそ温かいものを食べよう!

節電は地球には優しいかもしれませんが、体には優しくないかもしれません。うだるよ...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る