カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 経口薬の種類 >
  6. 経口血糖降下薬の種類と特徴①

生活習慣病

経口血糖降下薬の種類と特徴①

 

 

作用機序が異なる様々な薬が開発されていますので、患者さんの症状に合わせた薬が選択されるようになりました。

 


αグルコシダーゼ阻害薬:αGI

 (グルコバイ、ベイスン、セイブルなど)


糖はαグルコシダーゼという酵素によって分解されて吸収されますが、αGIにより糖質の分解や吸収が遅くなります。
その作用によって血糖の上昇とインスリン分泌のタイミングが合うようになり、食後の血糖上昇を抑えることができます。
食後に高血糖になる軽度のⅡ型糖尿病に単独投与され、SU剤やインスリン使用中でも血糖の低下が見られないときも効果を示します。

 


スルホニル尿素(SU)類

 (オイグルコン、ダオニール、グリミクロンなど)


膵臓のβ細胞にあるSU受容体と結合してインスリンの分泌を起こします
SU剤が適応となるのは内因性インスリン分泌の能力が残っている場合で、食事療法や運動療法を行っても十分な血糖コントロールが得られない患者さんに使用されます。
第一世代~第三世代の薬剤があり、作用発現時間や血糖低下作用以外の作用などの違いがあります。

 


ビグアナイド(BG)類

 (メトグルコなど)


肝臓からの糖の放出の抑制末梢での糖の取り込みの促進消化管からの糖吸収抑制など様々な作用によって血糖を低下させます。

最近では糖や脂質の代謝作用にも効果があるとされ、インスリン抵抗性改善作用も明らかになっています。
欧米では肥満のある場合の第一選択薬として用いられており、SU類と同等の血糖改善能力があることが示唆されています。

 

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/22/20/02/aid-15537_640.jpg?i)

著者: rabiさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

経口薬の種類に関する記事

最も多く使われている糖尿病治療薬SU薬、これにはどんな種類があるの?

  糖尿病治療に使用する薬剤というと、注射によってインスリンを注入するものがま...

メキシレチンやプレガバリンなど…糖尿病の合併症治療薬について

   糖尿病には様々な合併症が存在しますのでそれに対する薬が併用されること...


糖尿病に効く薬はさまざま…飲み薬の種類とそれぞれの効き方を知っておこう

飲み薬がどうして糖尿病に効果的なのか知っていますか?薬の種類によって様々な働...

ブドウ糖への変化を阻害!「α-グルコシダーゼ阻害薬」の種類いろいろ

  糖尿病の治療の大きなテーマは血糖値を正常範囲内にコントロールすることです。...

カラダノートひろば

経口薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る