カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠薬 >
  4. 副作用 >
  5. 睡眠薬を飲み続ける…強い薬を飲むことでできる「薬への耐性」とは?薬が効かなくなるって本当?

不眠・睡眠障害

睡眠薬を飲み続ける…強い薬を飲むことでできる「薬への耐性」とは?薬が効かなくなるって本当?

 

不眠のときに使用する睡眠薬は、効果の小さいものからはじめて徐々に強いものにし、自分の症状にあった強さの睡眠薬を選びます。これはいきなり強い薬にして、大きな副作用を起こさせないためでもありますし、強い薬の作用を体に受けて、体がその強さに慣れてしまうのを避けるためでもあります。

 

睡眠薬服用の落とし穴

睡眠薬だけにとどまらず、常用する薬における問題点としてあるのが、薬に対して耐性ができてしまうことです。耐性ができるということはつまり、それまでと同じ強さの薬では効きにくくなるということで、その点を気にして睡眠薬の服用に踏み出せない人もいます。

ただ、ひと口に睡眠薬と言っても色々と種類があります。中でもベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系と言われるタイプの睡眠薬では、無茶な飲み方をしなければ耐性ができることはほとんどないとされています。現在の睡眠薬の主流がこうしたタイプの薬ですので、用法用量を守って服用していれば、体に体性ができるということはあまりありません。

 

薬の耐性ができて、こわいのは…

薬の耐性ができて怖いのは、量や強さを増強しなければ効果を得られなくなることです。

本来は、必要な分の効果をもたらしてくれる睡眠薬の効果の中で、自然に眠れる方法を模索し、薬がなくても眠れる状態にしていくのが治療の流れです。

ですが、長期間の服用や、無茶な服用、そして、薬だけに頼るような不眠症の解決の仕方によって、使用する薬の量が多く、強力になっていってしまいます。薬に依存していってしまうような状態になってしまうのです。

 

薬が効かなくなったように見えることもある

上記に書きましたが睡眠薬の中には、薬に対する耐性ができにくい種類もあります。しかし、しばしばそうした薬を服用していても、薬が効かないという事態に陥ることがあります。それは、「薬の耐性が体にできた」のではなく、「不眠症の悪化によって薬の効果が不十分になった」という可能性があります。

その場合には、不眠症を悪化させた原因を、薬以外の部分で探す必要があります。例えば、不眠を助長する生活習慣があるとか、不眠をまねく病気にかかっているとか、アルコールと併用しているとかいったことが、原因として考えられます。

 

 

睡眠薬は飲んでいる間に、生活習慣の改善や、不眠の原因となるストレスの解消などによって、不眠症を解決する必要があります。体に薬の耐性がつくくらい服用を続けてしまうと、副作用などの危険が出てきます。睡眠薬を服用したとしても、根本の不眠を自力で治す努力をする必要があるのです。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副作用に関する記事

現代型不眠に効く睡眠導入剤「ロゼレム錠」副作用が少ないとはいえ、どんな副作用があるの?

  現代型不眠と言われる不眠を知っているでしょうか。従来の不眠とそれに対する薬と...

睡眠薬ではなく漢方薬を希望する場合…不眠症に効く漢方薬にはどんなものがあるの?

睡眠薬だと依存などの副作用が心配なので、まずは漢方薬を試したい…という場合、まず...


睡眠導入剤で見られる4つの副作用症状!○○な症状が出たら、気をつけて!

  睡眠に関する薬というのは、効果が弱くても強くても、外からの力で体をオフにさせ...

眠いのに寝れない!睡眠薬や睡眠導入剤によって起こる副作用とその対処方法

   現在、日本では国民の20%程度が何らかの睡眠障害を持っており、問題となっ...

カラダノートひろば

副作用の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る