カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 熱帯夜なんて怖くない!?暑い夏に快適に眠るためにできる4つの工夫

不眠・睡眠障害

熱帯夜なんて怖くない!?暑い夏に快適に眠るためにできる4つの工夫

暑い夜に、「ぐっすりとよい眠りにつける工夫」は何かしているでしょうか。眠りにつくのが難しい、寝ても夜中に目が覚めてしまうという場合、その状態を放っておくと、しっかり眠れていないことで、不調につながるかもしれません。

夏の快眠のためには何ができる?

夏の熱帯夜を乗り切って、快眠を得るためにはどんな工夫ができるでしょうか。

 

1 凍らせたペットボトルや保冷剤を枕元に置いておく

頭には非常に多くの血液が巡っています。その頭の血液を冷やすことによって、体に巡る血液を冷やすことができ、幾分か涼しさを感じられます。扇風機を使っているときには、扇風機の前にこれらを置いておくことで、冷たい風を巡らせることができます。ただし風が直接体にあたらないようにしましょう。

 

2 日中の寝室管理にも注意

日中にカーテンを全開にして、強い日差しを部屋の中にいれてしまうと、熱が室内にこもってしまいます。こもった熱というのは、ただ冷房などで部屋を冷やしただけでは、簡単には気温が下がりません。そのため、少なくともレースのカーテンをして、日中に熱を部屋にためないようにしましょう。

 

3 観葉植物を置く

観葉植物はマイナスイオンを放出してくれるため、体がリラックスしやすい方に傾きます。

 

4 パジャマにこだわる

パジャマは適当なものを着ているという人もいると思いますが、夏は出来るだけ通気性がよく、汗を吸収してくれるパジャマを選びましょう。素材としては、麻素材のものの方が肌に触れたときにひんやりとするので、おススメです。

 

冷房で部屋を冷やすことは簡単ですが、美調節ができなかったりして、他の不調をまねく可能性があります。出来るだけ自然な状態で、快眠できるよう、眠りの環境を整えてみましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

安眠・快眠術に関する記事

安眠を得るには何をすればいい?安眠に効果的な方法14選

夜はぐっすりと眠れているでしょうか?睡眠で問題を抱えていると、夜だけでなく日...

お風呂直後の睡眠はNG?!スムースな入眠のためにするべきこと

短い時間しか眠れなくても、なるべく質の良い睡眠をとってしっかりと体を休めたいも...


睡眠導入剤の効果・副作用・飲みあわせについて知っておこう!

  単に睡眠薬と言ってもすべてが同じ効果を持ち、同じ作用をしてくれるわけではあ...

睡眠日誌には何を書けばよいの?

  睡眠障害の治療に役立つ睡眠日誌ですが、その細かい書き方や内容を見ていき...

カラダノートひろば

安眠・快眠術の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る