カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳糖不耐性 >
  6. 実はあなたも!?日本人は乳糖不耐症にかかりやすい民族だった!

育児・子供の病気

実はあなたも!?日本人は乳糖不耐症にかかりやすい民族だった!

牛乳を消化したりするのが苦手な体が、乳糖不耐症という症状です。母乳を必要とする月齢の赤ちゃんが乳糖不耐症の場合は、先天性乳糖不耐症と呼びます。

そんな乳糖不耐症ですが、日本人にはよく見られる症状のひとつです。

 

●乳糖不耐症を引き起こす、乳糖分解酵素

乳糖不耐症を引き起こす原因となっているのは、乳糖分解酵素です。乳糖が体に入ってきたときに、この酵素があれば、分解して体の中で使えます。

ですが乳糖不耐症の方は乳糖分解酵素の働きが悪く、乳糖を分解できずに、下痢や腹痛などを引き起こしてしまうのです。

一般的に、赤ちゃんのうちは乳糖分解酵素が生産されやすいものの、成長すると生産量が低くなる、と言われています。

 

●最高で95%が乳糖分解酵素活性が悪い!

日本人の乳糖不耐症については、昔からさまざまな研究が行われてきました。そのため、データの数字にもばらつきがあります。

乳糖分解酵素が働きにくい人は、今までのデータ上では最高で95%との報告があります。ただし95%の報告は1968年のことですので、現在のデータとは言い難いです。(青柳利雄・亀田治男 1968年調査)

 

いずれにしても、10人いれば最高で9人は乳糖不耐症で、牛乳などを飲むとお腹を壊す体質と言えます。とは言えども、問題の原因が牛乳と気づかない方も多いです。

実際に本人が自覚する程度としては、10人いれば1人くらいとも言われています。

 

●乳糖不耐症の対応

乳糖を分解する酵素が最初から入っている乳製品には、ヨーグルトや乳酸菌飲料があります。これらを摂取することで、乳糖不耐症でも乳製品を楽しめます。また、どうしても牛乳が飲みたい・飲めるようになりたい場合は、一度に飲むのではなくゆっくり飲めば、人によっては牛乳も飲めます。

 

乳糖不耐症がわかったとしても、授乳が必要な赤ちゃんでなければ大きな問題に発展することは珍しいです。

基本的には、乳糖を含む食べ物を避けながら生活するのがおすすめです。 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳糖不耐性に関する記事

乳糖不耐症~症例から対処法を学ぶ

  乳糖不耐症とはどんな病気か?   乳糖不耐症とはどういった病気なのか、病名...

赤ちゃんの乳糖不耐症と母乳・薬を飲む以外の乳糖不耐症の治療法も紹介!

ここでは、赤ちゃんの乳糖不耐症と母乳についてと、薬を飲む以外の家での治療法に...

授乳の体験談

生後11か月☆ミルクと離乳食のバランスに悩み中

三女、11カ月になりました! 1歳まであと1か月かぁ~と思いながら体重を計ってみたら・・・・あれ増...

おっぱいトラブル!乳首に白斑!!

現在、2歳になる息子は1歳2か月の卒乳まで完全母乳で育ちました。 私は初めての出産ではありましたが...

カラダノートひろば

乳糖不耐性の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る