カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 治療 >
  5. 最新ホルモン補充療法(HRT)で更年期症状を緩和

女性のカラダの悩み

最新ホルモン補充療法(HRT)で更年期症状を緩和

 

 

更年期障害のつらい症状を和らげる治療の1つとして
ホルモン補充療法がおすすめです。

 

更年期の症状は、女性ホルモンの中でもエストロゲンの減少に伴って起こるため、エストロゲンを補うのが目的です。

 

しかし、エストロゲンは子宮内膜を増殖させる作用があり、
子宮体がんを発症する危険性を防ぐために、プロゲステロンという女性ホルモンも一緒に補うことになっています。

ほてり、のぼせ、急な発汗といったホットフラッシュ症状など、強い症状にキレ味よく効いて、体の不調を整えることで、精神面の不調を和らげてくれます。

 

これまで、自前のホルモンで保護していた、
肌や膣の潤い、骨や血管の健康、コレステロール値を抑制、
生活習慣病を予防する効果がこれまでの研究で明確になっています。

 

しかし、ホルモン補充療法は、誰もが受けられるものではないという話です。
例えば、重篤な心疾患、肝疾患や腎疾患をもつ人などは
ホルモン補充療法が受けられないことになっています。

 

また、ホルモン補充療法は、現在、期間が長くなると乳がんや血栓症の危険性がわずかに上昇しますが、5年以内の使用ならほぼ心配がないので、安心して使用できます。

 

そのため、ホルモン薬を服用する場合には以下の検査を受けて、
異常なしならば、個々の症状により、薬の種類や投薬方法を選んで、治療を開始して良いことになっています。

 

・毎年の乳がん
・子宮がん
・卵巣がん

 

ただし、良い面ばかりでなく、個人によっては、副作用として、
乳房痛・頭痛・悪心・不正出血・嘔吐などを感じる人がいるので、特に注意して、ホルモン補充療法使用を検討する必要があります。 

 

(Photo by //www.igosso.net/se.cgi?q=%E5%A5%B3%E6%80%A7&lia=1&lib=1&lic=1&lid=1)

 

著者: シッポさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

信じられない・・・こんなに早く閉経してしまうなんてどうしたらいいの?

平均の閉経年齢は50歳と言われています。しかし、近年、30代や40代の前半で...

大豆イソフラボンを摂ろう!更年期障害に効くエクオールとは?

  更年期になると、様々な症状が出てくるので、ただでも不安になるものです。特有...


「更年期高血圧」に大事にしまっていた母子手帳が役立つ!?更年期高血圧症の予防方法5つ

過去の妊娠期の『高血圧症』の有無が、更年期の『腎障害』に繋がるといわれています...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

治療の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る