カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 平熱が高い・低いって言うけれど、そもそも正しい平熱って何度?

気になる病気・症状

平熱が高い・低いって言うけれど、そもそも正しい平熱って何度?

平熱よりも著しく高くなったときには発熱、と言いますが、平熱は人それぞれ少しずつ違います。

どれくらいの体温なら、一般的な平熱と言えるのかを見てみましょう。

 

●36度6分-37度2分が平熱

一般的に平熱の基準は、『36度6分から37度2分』とされています。日本人の体温分布を見てみると、7割がこの基準に当てはまることがわかっています。

少し高いような気がする方もいるかもしれませんが、医学的に正しい測り方をした場合は、これくらいの体温になります。

測り方を間違うと、やや体温が低くなってしまうので、自分の測り方では36度から36度5分くらいが平熱と感じる方が多いようです。

 

●1日の中で体温が低いのは夜中

平熱は、測る時間によっても異なります。人間の体の仕組み上、夕方がもっとも熱が高くなり、夜に向かって落ちていきます。一番低いのは午前4時ころです。

1日の中での体温の差は1度以内に収まっているのが普通で、女性の場合は生理周期によっても体温が異なります。

こういった事情も含めると、平熱はかなり範囲が広いことがわかります。

 

●35度台の危険性

平熱の範囲が広いとは言っても、常に35度台というのは、体にはよくありません。

最近、若い女性の中には平熱が35度台前半なのも珍しくない、という方が増えているようです。

精神的なストレスや運動不足から体温が下がりますが、健康な体のためには、36度以上を目指したいところです。

 

平熱が37度2分くらいまで含まれる、ということで、発熱については、感染症法上の37度5分が分類としては正しいです。

ただし、平熱が低い場合には発熱の体温も低くなりますので、そのほかの症状と合わせて総合的に風邪などを判断していきます。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

風邪のひきはじめに麻黄湯が◎!麻黄湯ってどんな漢方薬?

  風邪は、ひきはじめの段階で治してしまえるのであれば、そうしてしまいたいですよ...

気持ちいいけど要注意!こたつで寝ることで風邪を引くって本当?最悪の場合、死に至ることも…?

冬になると大活躍するのが、こたつです。最近では洋室に合うものも出てきて、さまざ...


加湿器つき空気清浄機の効果とは?乾燥する冬のウィルス除去

  冬の寒くて乾燥する環境下では、ウイルスが活発に活動します。特に免疫力が弱い...

夏風邪の代表症状でもある"咳と痰"、痰の色が黄色になっているなら要注意のサイン!

夏場に引く風邪のことを夏風邪と呼び、その種類は色々です。夏に発生しやすいウィ...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る