カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 橋本病 >
  5. チラージンを飲み忘れてしまった!一体どんな症状が出るの?

気になる病気・症状

チラージンを飲み忘れてしまった!一体どんな症状が出るの?

喉にある甲状腺の機能が低下し、全身にだるさなどが出てくる橋本病の治療に使われるのがチラージンです。

 

チラージンを飲み忘れてしまった時には、さまざまな症状が出る可能性があります。

 

●2-3日の飲み忘れはあまり影響がない

チラージンは甲状腺機能低下症を持っている方には欠かせない薬ですが、実は2-3日の飲み忘れではあまり症状が出ません。というのも、チラージンが体に働きかけているのは、甲状腺ホルモンそのものを足すことです。

 

そして、体の中に入った甲状腺ホルモンは半減するまでに1週間かかるので、2-3日では症状が出ないのです。

 

●飲み忘れの症状は甲状腺機能低下

チラージンは甲状腺ホルモンを足しているので、飲み忘れると甲状腺ホルモンが足りなくなり、甲状腺機能低下の症状が出てきます。

 

具体的に多くの方が感じているのは、体のだるさやボーっとするなどの症状です。これは甲状腺機能低下症のもともとの症状で、なんだかだるいと思っていたら、チラージンの飲み忘れだったパターンも少なくはありません。

 

●思い出したらすぐ服用

もしもチラージンを飲み忘れた時には、思い出したらすぐ服用するように心がけてください。1日に数回飲んでいる場合は、思い出した時に1回、次からは普段通りの時間に飲むようにします。

 

いずれにしても、飲み忘れたからといって、チラージンを2倍量飲んだりということはしないでください。甲状腺ホルモンは、健康な人であっても多く出るホルモンではなく、扱いには注意が必要とされています。

 

チラージンの飲み忘れがあっても、慌てずに対処すれば、甲状腺機能低下症のひどい症状に悩まされることは少ないです。

 

基本は、飲み忘れのないようにしっかりと管理することが大切です。

(Photo by://pixabay.com/

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

橋本病に関する記事

橋本病でも加入できる?健康保険における注意点

               甲状腺の疾患の1つである橋本病を発症した場合、...

橋本病の治療法はただ一つ

甲状腺の機能が低下したまま治療しないで放置していると、様々な臓器の働きにも影響が...


橋本病になっても仕事は続けられる?

様々な検査の結果から、橋本病と診断された方はきっと「今の仕事は続けられるのかな...

橋本病を発症した場合、ダイエットはNG?

橋本病を発症すると、新陳代謝が下がってしまうことから、体重が急増することが多...

カラダノートひろば

橋本病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る