カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 頭・脳 >
  5. 外傷性脳損傷の後遺症はどんなものがある?日常生活に与える影響

気になる病気・症状

外傷性脳損傷の後遺症はどんなものがある?日常生活に与える影響

外傷性脳損傷とは、事故などの外傷によって脳を損傷した状態で、さまざまな後遺症の可能性もあります。

外傷性脳損傷の後遺症として出てくるいくつかの症状、日常生活に与える影響を見てみます。

 

●PTA(外傷後混迷状態)

これは、外傷性脳損傷を受けてしばらくしてから出てくる症状で、こん睡からは目覚めているのが特徴です。

家族としては意識も戻って安心、と思いますが、このPTAが出てくることで、怒声や暴力などが出てきます。

PTAの症状は精神的な混乱と混迷によって、イライラ・抑えきれない怒りなどが出てくることです。

人によっては幻覚を見る、特定の物事を忘れる健忘にかかるなどの症状もあります。

 

●てんかん発作

外傷性脳損傷の後遺症の中でも、特に日常生活への影響が大きいのがてんかん発作です。

もともとてんかんを持っていなくても、外傷性脳損傷になったことで脳がダメージを受けて、脳の電気回路に異常を及ぼし、てんかん発作になります。

外傷性脳損傷によっててんかん発作になる確率は5%程度、との研究結果もあります。

ちなみに、外傷性脳損傷後のてんかん発症リスクは10年以上に渡って持続するとの指摘が、2009年に発表されました。

(参考:外傷性脳損傷後のてんかん発症リスク //www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19233461?ordinalpos=6&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum)

てんかん発作が起きてしまうと、車の運転や仕事に支障が出るケースが多く、仕事への復帰がなかなかできない方もいます。

 

外傷後脳損傷の後遺症として、日常生活に与える影響が大きいのはてんかんやPTAなどがあります。

ただ、PTAは半永久的にリスクが続くわけではありません。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭・脳に関する記事

外傷性脳損傷って何だろう?頭部外傷で起きる脳損傷…その症状とは?

脳の損傷、と聞くとなんだか大病ではないかと思えますが、ちょっとした事故などでも...

脳のスポーツ障害は要注意!危険な脳震盪の症状とは?

対処が遅れると重大な結果を招くのが、脳のスポーツ障害です。脳も膝や肩のようにダ...


MRI、CTにも写らない…軽度外傷性脳損傷の症状と間違われやすい病気って?

脳の損傷は、MRIやCTなどでわかるので、脳損傷による症状も判断しやすいです。...

むち打ち…自動車事故で増加中!後部交感神経症候群「バレ・リユウー症状型」とは?

交通事故やスポーツで起こりやすいむち打ち症ですが、後遺症で悩んでいる人が多く...

カラダノートひろば

頭・脳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る