カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 対処法 >
  5. 腰痛のリハビリにおすすめの水泳!知っておくべき、水泳を行う時の注意点

関節痛・腰痛

腰痛のリハビリにおすすめの水泳!知っておくべき、水泳を行う時の注意点

腰痛のリハビリ、腰の椎間板ヘルニアのリハビリといって思いつくのが、水泳です。

水泳には腰痛に効くメリットがあるのですが、一方で注意点もあります。

 

●水泳は腰に負担がかかりにくい

水泳は腰に負担がかかりにくいにも関わらず、しっかり筋トレはできるという優れものの運動です。

特に泳ぎとなると、全身への負荷具合がリハビリにちょうどよいのも特徴と言われています。

このことから、腰痛リハビリのひとつの方法として、水泳が推奨されるようになりました。

 

●事前の筋トレ・ストレッチも重要

水泳をやるときには泳ぎ方に気をつけるのも大事ですが、それと同じくらい、事前のストレッチや筋トレも重要です。

というのも、水の中を歩いているときに、筋肉のなさで腰がエビ反りになってしまい、逆に腰に負担をかけるケースがあるからです。

水泳をするなら筋トレもする、ストレッチをしっかりやってから水泳に臨むのがよいでしょう。

 

●総合的なスポーツクラブがおすすめ

プールが単体で設置されているタイプの施設だと、家で筋トレやストレッチをしなければいけないのが負担という方もいます。

最初からストレッチをする場所や筋トレの用具がある、総合的なスポーツクラブであればその心配は要りません。

インストラクターが筋トレの方法やストレッチの方法などを教えてくれることもあるので、一度相談してみてもよいでしょう。

もちろん、ベストなのは家でも筋トレやストレッチをし、施設でも指導を受け、腰痛リハビリで水泳をすることです。

 

腰痛リハビリは1日2日ですぐに終わるものではなく、数週間から数か月単位でしっかりとこなしていかなければなりません。

そのため、精神的にあまり無理をし過ぎるのもよくないので、適宜休みを取りながら、自分のペースで続けていきましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

関節の炎症は放置NG!市販の湿布で処置を

  関節の軽度の炎症など、スポーツをする方などは日常茶飯事であり、軽度なら...

身体の内側から関節をサポートする!サプリメントで関節痛の改善

  関節痛の治療というと、湿布剤など身体の外部から使用する外用薬がメインと...


抗炎症作用を持つデビルズクローとは

  加齢と共に起こる関節痛を予防したり改善するには、サプリメントで関節痛に有効...

変形性膝関節症に効くツボと刺激方法!

年齢を重ねるとひざを曲げただけで痛みを感じるほどの症状を感じることがあると思...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る