カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 対処法 >
  5. その他 >
  6. 腰痛リハビリの物理療法~3つの治療法 電気治療・牽引療法・光線治療ってどんなもの?

関節痛・腰痛

腰痛リハビリの物理療法~3つの治療法 電気治療・牽引療法・光線治療ってどんなもの?

リハビリの方法は自分で体を動かすほかに器具を使った方法もあります。

腰痛で行われる、物理療法にはどんなものがあるかを、チェックしてみましょう。

 

●電気治療で腰痛リハビリ

腰痛リハビリのひとつ、物理療法の中でも特によく見かけるのが『電気をかける』と言われる電気治療です。

特殊なパッドのようなものを腰につけて、そこに電気刺激を流して腰痛リハビリとします。

私は腰痛リハビリで電気治療を受けましたが、痛みはほとんどなく、軽くピリピリする程度でした。

時間は10分ほどで、終了すると腰が少し軽くなったような感じがあります。腰のあたりをめくってパッドをつけるので、上下がつながっている服は避けた方がよいです。

 

●腰を伸ばす牽引療法

腰痛リハビリにおいて、電気治療同様にかなりの知名度があるのが、自動的に腰を伸ばす牽引療法です。

ベッドのようなものに寝て、腰を固定します。その状態からベッドの腰部分から足部分にかけてが自動で動いて、腰のリハビリを手伝ってくれます。

 

●血液の流れをよくする光線治療

腰痛リハビリの物理療法の3つ目が光線治療というもので、これは血流を良くしたり炎症を改善するといった効果があります。

腰回りの血流が悪くなっている方には、特にこの光線治療がお勧めです。ちなみに光線とは言っても有害な光ではなく、安全性は管理されているので安心してください。

 

腰痛リハビリは物理療法のほかにもさまざまな方法があります。例えば、腰痛ストレッチなどは、リハビリの代表と言えるでしょう。

物理療法は特殊な器具がなければできませんが、腰痛ストレッチはすぐに行うことが出来ます。

日々のストレッチや水泳などの運動に加えて物理療法を行い、スピーディーに腰痛治療をしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

野球肘「上腕骨内側上顆炎」とは一体なに?原因は?

野球を長年していて、「肘を壊した」という表現をよく聞くことがあります。これは...

アイシング×お風呂が効果的

腰痛は温めるほうがいいのか、冷やした方がいいのか難しいところです。ランニングなど...


「気の持ちよう」では片付けられない!慢性腰痛症

  腰痛を患う人の中には、原因になっている患部の炎症などが治まっても痛みを...

痛くなったら無理はしない!野球肩の予防と対策

日本における野球競技人口は、とても多いです。少年野球からリトルリーグ、高校野...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る