カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 不眠症 >
  4. 入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害…不眠症の4つのタイプについて

不眠・睡眠障害

入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害…不眠症の4つのタイプについて

  

不眠症には4つのタイプがあります。今回は不眠症の4つのタイプと、それぞれのタイプに合わせた薬物療法についてご紹介します。

 

不眠症の4つのタイプ

不眠症には床についても寝つきが悪い「入眠障害」、眠りが浅くて夜中に何度も起きてしまう「中途覚醒」、早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」、ぐっすり眠れたという満足感がない「熟眠障害」の4タイプがあります。それぞれ単独で現れる場合と、2つ以上のタイプが同時に現れる場合があります。持続期間によって分けられる場合もありますが、こちらは割愛します。

 

入眠障害

超短時間型・短時間型などのお薬が処方されます。具体的な薬品名ではマイスリー、ハルシオン、アモバン、レンドルミン、ロラメットエバミール、リスミーなどがあります。薬局でも購入できる入眠導入剤を利用するのも効果的です。

 

中途覚醒

短時間型・中間型などのお薬が処方されます。具体的な薬品名では、レンドルミン、ロラメットエバミール、リスミー、サイレースロヒプノール、エリミン、ユーロジン、ベンザリンネルボンなどがあります。

 

早朝覚醒

短時間型・中間型などのお薬が処方されます。具体的な薬品名ではレンドルミン、ロラメットエバミール、リスミー、サイレースロヒプノール、エリミン、ユーロジン、ベンザリンネルボンなどがあります。

 

熟眠障害

短時間型・中間型などのお薬が処方されます。具体的な薬品名ではレンドルミン、ロラメットエバミール、リスミー、サイレースロヒプノール、エリミン、ユーロジン、ベンザリンネルボンなどがあります。

 

中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害において日中も不安があるような不眠症を示す場合は、中間型・長時間型のお薬が処方されます。具体的な薬品名ではサイレースロヒプノール、エリミン、ユーロジン、ベンザリンネルボン、ダルメートベジール、ソメリンなどがあります。

 

不眠症の治療は薬物療法とともに、不眠症となった原因を見つけ、取り除くことが必要となります。お薬のみに頼りすぎず、原因の発見、除去ができるようにすることが大切でしょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: いおさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不眠症に関する記事

不眠症の解消方法のひとつ、短眠療法 短眠療法には認知行動療法的な意味でのメリットがある!

不眠症の解消方法のひとつに断眠療法があります。断眠療法は、一晩眠らないことで概...


この症状に当てはまったら隠れ不眠かも!?日本人はかなりの割合で自覚症状がない「隠れ不眠」

不眠というと、布団に入っても眠れない、夜中何度も目を覚ましてしまうなどの症状を...

耳鳴りから起こる不眠症…原因はいったいなに?耳鳴りの治療法とは

どこかから『キーン』という音が聞こえて来たら、耳鳴りの可能性があります。   ...

カラダノートひろば

不眠症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る