カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 予防 >
  4. 頭痛・肩こり予防・ダイエットにも◎満腹で低カロ☆【ひじきと枝豆のサラダ】レシピ

頭痛

頭痛・肩こり予防・ダイエットにも◎満腹で低カロ☆【ひじきと枝豆のサラダ】レシピ

緊張型頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスから起こると考えられています。
身体的ストレスは、たとえば上半身を前かがみにしたパソコン操作や、うつむき姿勢、車の運転、就寝時の合わない枕など、不自然な姿勢を長い間続けることや、体の冷えなどです。そのような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮し、こった状態になり、頭痛を誘発します。ストレッチや運動も効果がありますが、食事で防ぐことも大事ですね。そこで、手軽な食材でも効果のあるひじきや枝豆の栄養素で肩こりなどを解消しましょう。

【ひじきと枝豆のサラダ】

 

【材料】

 

枝豆・・・40g

ひじき(乾燥)・・・10g

にんじん・・・¹/₄本

サラダこんにゃく・・・・20g

塩・・・1gしょう油・・・小さじ¹/₂コショウ・・・少々

生姜・・・¹/6片

 

【作り方】

 

1 枝豆は塩ゆでして、さやから豆を取り出す。ひじきは水で戻して、熱湯をかけ水けを切っておく。

2 にんじんは千切りにし塩揉みして、5分くらい置いておく。水分が出てきたらサッと洗って、水けをきっておく。

3 サラダこんにゃくは洗って水けを切り、しょう油、生姜、コショウを混ぜておく。

4 ボールに枝豆、ひじき、にんじん、こんにゃくを入れ、合わせてタレを回し入れ、よく混ぜ合わせる。

 

==食材マメ知識==

 

ひじきは、カルシウムと鉄、マグネシウムの効果が抜群で、精神安定作用がありイライラ不眠を解消します。また、ヨードやマンガンも含まれ、甲状腺ホルモンの分泌を促したり疲労回復させたりします。

枝豆に豊富なビタミンB1は、自律神経の調整、肩こり、倦怠感、神経炎、むくみを予防する働きがあります。おつまみの定番ですが、料理にもいろいろと活用したいですね。

 

(Photo by: 著者)

著者: プーちゃんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

チーズやハム、レモンなど…頭痛を発生させるかもしれない食べ物って?

    現在日本では頭痛もちが3000万人いると言われています。頭痛の種類と...

偏頭痛が起きそうなときにはコレ!偏頭痛が起きてしまうその前にする予防策とは?

  偏頭痛が毎日のように起こって困ったり、痛みの程度が大きい場合には、偏頭痛を...


肩こりや体のゆがみからくる頭痛にはストレッチが最適!

   1日中デスクワークや勉強をしていたりすると、ひどい肩こりが起こる人もいる...

音と光が沢山!!頭痛持ちはパーティー、コンサートには要注意!

  頭痛持ちの方が注意したいのがパーティやコンサートです。人ごみであることはも...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る