カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 病気かもしれない?!良い汗・悪い汗の見分け方とは?

気になる病気・症状

病気かもしれない?!良い汗・悪い汗の見分け方とは?

人間がかくというものは、様々な成分が含まれており、その成分は日常の生活や食事・体内に溜め込んだ毒素などで成分も異なってきます。要するに、汗の成分を調べると、臭いや粘り気、尿素…様々な成分から、その汗が【良い汗】なのか【悪い汗】なのかを判断することが出来ます。汗によって、見つけることが出来る病気もあり、汗というものはもの言わぬ人間の“SOS”サインでもあります。
 
 

◆良い汗とは?

良い汗というものは、汗をかいてもサラサラで、独特の臭いや酸っぱいような味がさほど気にならない状態のものを指します。汗の粒が小さめで、タオル等で拭くと、すぐに乾き、乾いたあともサラサラと違和感・不快感を感じることのない汗を言います。
 

◆悪い汗とは?

悪い汗とは、ベタベタネバネバといった汗で、臭いも強く、味も酸っぱい味をしています。本来であれば体の水分がサラサラな汗となり発汗するのですが、悪い汗はミネラルを始め様々な毒素・老廃物が混ざってしまうため蒸発しにくく、ベタっとした汗になってしまうのです。
 

◆悪い汗をかくとどうなる?

悪い汗をかくと、もちろん不快になりますし、拭っても拭ってもベタつきが消えず、臭いにも嫌気がさしてしまいます。女性は、化粧も崩れてしまい、TゾーンやUゾーン、小鼻あたりも汗と皮脂が混ざりヌルっとした感触に…。
 
これらの内容の様に精神的に不快になるだけでなく、悪い汗は体の病気を知らせてくれる汗でもあります。汗腺が老化している・皮膚の老化・免疫力の低下・運動不足・過剰なまでに溜め込んだストレス・食生活の乱れ…等々が問題として挙げられるようになります。病院を受診することで、糖尿病や更年期障害など、稀に体に潜む病気が見つかるケースもあります。
 
 
汗は人間の体調に関する様々な情報が詰まっています。汗を調べるだけで、食生活や運動・尿素・病気の有無なども解るように、医学が発展しています。汗の違和感を感じても、そのまま何も対応しなければ、汗は変わりません。もちろん、人間は緊張しても、気温や湿度の変化でも汗をかいてしまいますが、自分の汗が不快に感じたり「様子がおかしいな」と思った場合には、迷わず病院を受診してみましょう。
 
(Photo by //www.ashinari.com/)
 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

自分だけ?ちょっと外にいるだけで日焼けしてしまう…もしかしたら日焼け・色素性乾皮症かも

これから夏を迎える中、日焼けをする可能性が増えてきますが、他の人と同じくらい...

"悪い汗"をかくのはなぜ?汗から分かる、体に潜む病気

私たちがかく汗は、本来サラサラでベタつき感もなく、臭いや味も気にならないほど無...


寒い季節のしもやけ対策

寒くなるとでてくる「しもやけ」。 手や足の指先がピリピリと痒くなったり、ズキズ...

聞きなじみのない“皮膚粗しょう症”!一体どんな症状なの?!

近年テレビなどでも取り上げられるようになった“皮膚粗しょう症”という症状をご存...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る