カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食事法 >
  5. 野菜に含まれる栄養を出来るだけ"損なわずに"摂取するための方法

健康診断・健康管理

野菜に含まれる栄養を出来るだけ"損なわずに"摂取するための方法

普段から食生活は気をつけたいもの。いろんな野菜をバランスよく食べ、暑い夏や寒い冬を乗り切る体になるためにはどうした良いのでしょうか?
さらにダイエットや美容にも効果的な生活を送りたいものですよね。
せっかく毎日の食卓に、色とりどりな野菜が並ぶのであれば、その野菜の栄養素も出来る限り損なうことなく摂取したい!美味しく・賢く食べたい!と思わない人はいません!
野菜によって違う“栄養を効率よく摂取するための調理方法”を覚えておきましょう。
 

◆効率よく野菜を食べる方法は?

野菜はそれぞれに特性があり、水に弱い・火に弱い…焼くと栄養価が増す・乾燥させると栄養価が増す…など様々です。
沢山ある野菜たちの中から一部ではありますが、“栄養を損なわない調理法”をお伝えしますので、是非ご家庭で取り入れてみてください。
 

【生で食べると効率よく栄養を摂取できる】

・ ブロッコリー
・ 赤ピーマン(パプリカ)
・ ビーツ
・ 人参(βカロチンを増やしたいなら調理を)
・ ニンニク
・ タマネギ(水にさらすと栄養が溶け出してしまいます)
 

【蒸すと効率よく栄養を摂取できる】

・ ほうれん草
 

【焼くと効率よく栄養を摂取できる】

・ トマト
・ アスパラ
 

◆おすすめレシピ

★トマトのチーズ焼き★

1.トマトのヘタ部分をカットして、トマトの中身をくりぬき、トマトで器と蓋を作ります。
2.くり抜いたトマトの中に、ひき肉や野菜などの食べたい具を詰めて溶けるチーズを、蓋するようにかぶせます。そのままオーブンへ。
3.中に詰めた具にしっかり火が通った後、取りだし、トマトのヘタ部分(蓋)をこんがり焼けたチーズの上にかぶせて、出来上がり。
トマトの栄養価も失わないで出来る簡単な1品です。
 
野菜の調理方法1つで、摂取できる栄養素が変化することは、実際に実証されています。
小さいお子様がいるご家庭では、「生では食べない」という悩みを感じている親御さんもいて、「栄養は失われるが火を通さないと…」と気持ちがモヤモヤしてしまうケースも。
そんな時には、お子さんに野菜とふれあう生活をさせるように、農業体験や時価栽培、お買い物に一緒に行って野菜を選んでもらうなど、様々な対策をとってみてはいかがでしょうか?
 
 (Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

「元気になる」だけじゃない、様々な栄養ドリンクの種類…自分にあった栄養ドリンクの選び方

   コンビニなどで手軽に変える栄養ドリンクというのは、効果によって種類が分かれ...

夏にスタミナをつけたいのなら、あえて鍋を食べよう!スタミナアップにおススメは「豚チゲ鍋」

   夏こそ、辛い物を食べてスタミナをつけましょう! 辛い物といってもいろい...


栄養ドリンクで元気になるのは思い込みだった?高い栄養ドリンクの方が効果があるって本当?

   栄養ドリンクを飲むと、本当に元気になって、仕事が頑張れる気がしてきます。「...

バーベキューでの食中毒を防ぐ必須グッズ3選

真夏のレジャーの1つがバーベキューですが、バーベキューはお肉を使うだけあって...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る