カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. リハビリ(変形性膝関節症) >
  5. 変形性膝関節症のリハビリに用いられる筋トレ!簡単太ももストレッチ、●●を使ったエクササイズ

関節痛・腰痛

変形性膝関節症のリハビリに用いられる筋トレ!簡単太ももストレッチ、●●を使ったエクササイズ

膝関節がすり減ったり変形したりする変形性膝関節症の患者は、国内では3000万人いると予測されます。

そして、厚生労働省の発表によれば、膝関節症は要介護になってしまう原因の6%を占めているとのことで、罹患者が増える世代である中高年は膝の調子には注意が必要です。

そんな変形性膝関節症のリハビリに用いられる筋トレ・ストレッチを紹介します。

なお、ここでは主に術後リハビリではなく、保存療法(手術をしない)でのリハビリに用いられる筋トレやストレッチを扱います。

 

●簡単太ももストレッチ

変形性膝関節症のリハビリでは、膝を含めた足全体の筋肉を管理することが重要です。

太ももの前側を鍛えるために出来るのが、タオルを使ったストレッチです。少し長めのフェイスタオルを用意してください。

1.まずはヨガマットなどあまり硬くない場所に、うつ伏せになります。

2.次に、足にタオルをひっかけて、タオルごと、上半身の方に引っ張ってきます。

 このとき、背中などを反らずに、自然に呼吸することを意識してください。

3.ゆっくりと15秒ほど引っ張ったら、タオルを元に戻して終了です。太ももの筋肉を意識して行いましょう。

 

●タオルを持ってくるエクササイズ

同じようにタオルを使ったエクササイズですが、これは筋肉と関節を一緒に動かせる運動方法のことです。

1.足がしっかり下につくような椅子にまっすぐ座って、タオルは床に広げて置いておきます。

2.先ほど使ったフェイスタオルより、少し小さめのものでもよいかもしれません。それほど厚みのない生地ならベストです。

3.床に置いたタオルを、足を使って自分の方に寄せていきます。

これを、テレビを見るときなどにやっていると、自然と足の筋肉強化に役立ちます。

 

タオルを引き寄せる運動を変形性膝関節症のリハビリとして行う時には、足の指ではなく足裏全体でタオルを持ってくるようにするのがおすすめです。

 

(Photo by:足成

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(変形性膝関節症)に関する記事

膝の痛みを緩和する2つの運動

  膝の痛みを緩和するためにできる2つの運動を紹介します。   ●足の...

膝関節症の手術から仕事復帰まで

  膝関節症の患者の中には仕事をいったん休んで手術を受けるという方もいます。仕...


知っていますか?リウマチ治療のゴールは「完治」ではなく「寛解」!3つの寛解について

リウマチは完治よりも寛解を目指す病気と言われています。最終的に薬などが必要な...

膝関節症のリハビリ入院期間はどれくらい?

  膝関節症で手術を受ける場合は関節鏡視下手術、骨切り術、人工関節置換術の...

カラダノートひろば

リハビリ(変形性膝関節症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る