カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 予防 >
  5. 忙しくても簡単にできるうつ病改善メニュー!ほうれん草のシラス和えを常備菜に♪

メンタル

忙しくても簡単にできるうつ病改善メニュー!ほうれん草のシラス和えを常備菜に♪

うつ病改善のためにはバランスの良い食事が大事とはわかっていても、ついつい面倒になることがありますよね。

そんなあなたにも簡単に出来る、ちょっと足すだけ、一品足すだけのうつ病改善メニューを紹介します。

 

●ほうれん草のシラス和えを常備菜に

ビタミンB不足はうつ病との関連性がある、と言われていますので、ほうれん草でビタミンBを積極的に摂取します。

次にシラスは、脳の安心を司るセロトニンの原料となるトリプトファンを含んでいます。

ほうれん草を茹でて切って、適量のシラスとお醤油で和える、食べるときにかつお節を散らすだけのメニューです。

冷蔵庫に入れておけば2-3日は持つので、朝ごはんを作るのが面倒なときなどにもおすすめです。

 

●豆腐やチーズを積極的に投入!

うつ病改善のための食材のひとつが豆腐で、シラスと同じようにトリプトファンを含む食材というだけではなく、タンパク質というのも特徴です。

タンパク質は人間の体を作る基本ですので、うつ病改善の時には是非摂っておきたい栄養素でもあります。

豆腐を簡単に摂取できるアレンジ・アイディアを以下に紹介します。

野菜サラダに豆腐を投入

インスタントみそ汁に豆腐を入れる

ハンバーグに豆腐を入れる

お好み焼きに豆腐を入れる

冷奴で食べる

ほかの料理をする時に、ついでに豆腐を入れるといった感覚で使っていくと、意外と豆腐はたくさん食べられます。

特に冷奴は豆腐を容器から出して、味付けをして食べるだけのかんたんメニューです。

 

ほかにはチーズをさまざまな料理に投入するのもよい方法です。

プロセスチーズなどを買っておいて、サラダにつけたしたり、洋風料理にはとろけるチーズをかけるなどです。

 

うつ病の改善のためには、本来はバランスのよい食事を3食摂取することが理想です。

ただ、忙しかったりうつ病の症状でやる気が出ずにできないときは、もちろんあると思います。

そんな時は、上に挙げた常備菜を作ったり豆腐を入れたりするのも良いですし、チーズやバナナなどでトリプトファンを摂取するのもおすすめです。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

うつと不安によく効く!トリプトファンを含む食べ物を見てみよう

うつ病は性格の問題やストレスだけではなく、脳内伝達物質がかかわっている、という...

脳の血流が悪くなるとうつに

■脳が活動するのには血流による栄養と酸素が不可欠です。   脳の活動が正...


遅寝遅起きが引き起こすうつ病

  人の体内時計は24時間よりも長く、24.5時間から25時間でできています。...

うつ病にならない我慢できる子供に

■子供が我慢できないのはストレスに対する耐性が未発達だからです。   我...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る