カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. その他 >
  6. うつ病の運動療法はどんなものが適しているの?『運動』の種類と量・時間の疑問を解決!

メンタル

うつ病の運動療法はどんなものが適しているの?『運動』の種類と量・時間の疑問を解決!

心の健康には体の健康が必要と言われますが、実際にうつ病の改善に運動療法が役立つことがわかっています。

運動療法では具体的にどんな運動を、どれくらいするのかを紹介します。

 

●週3-5回、30-60分の運動

うつ病のための運動に関する研究結果を見てみると、週3-5回、30-60分の運動の範囲内に収まるケースが多いです。

最近の研究では、テキサス大学が1回45-60分の運動を週3-5回するのが望ましいと発表しました。

最低でも週3回、30分以上の運動はうつ病予防・改善のために必要と考えておきましょう。

 

●運動の種類は有酸素運動の方がよい

これまでの研究結果では、筋トレなどの無酸素運動よりも、ウォーキングなどの有酸素運動の方が、うつ病には効果的となったケースが多いです。

運動は、うつ病改善に役立つ脳内物質であるセロトニンを分泌させやすくするので効果があるのは証明されていますが、有酸素運動の方が効果が出る理由ははっきりしていません。

セロトニン神経系の活性には呼吸や歩行のリズム運動がよいとも言われているので、両方を追求できるウォーキングなどがよい=有酸素運動がよい、との説もあります。

 

●効果が出るのは12週目以降

うつ病の運動療法を始めても、1日2日では効果は出ません。最低でも4週間はかかると考えてください。

4週間でも効果が出るまでの期間としては短く、一般的には12-16週間運動を続けることで効果が出てきます。

それまで運動を続けることも、うつ病改善のためには大事なポイントとなるのです。

 

うつ病改善のための運動メニューですが、有酸素運動を中心にしつつ、筋トレも取り入れても良いでしょう。

うつ病になると体力が落ちやすいので、筋トレで筋肉をつけて体力をつけるという手もありです。

 (参考:EurekAlert! Exercise for patients with major depression -- What kind, how intense, how often? //www.eurekalert.org/pub_releases/2013-05/wkh-efp051013.php)

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

うつがつらくて運動なんてできない…そんな運動不足を解消する3つの工夫

運動がうつ病によいのはわかっていても、起き上がるのも大変なうつ病の方が運動を続...

泣くことはうつ病対策になる?!情動の涙と副交感神経の関係とは

    ■感動して流す情動の涙には強いストレス解消作用があり、うつ病対策...


けいれんECT治療と何が違う?無けいれん療法でのうつ病治療

電気けいれんECT治療とは、頭に電流を流し、特定の部分に刺激を与えることでう...

うつ病の可能性を客観的に測定〜光トポグラフィー検査とは?

うつ病などの心の病は、患者からの聴き取りや各種テスト、過去の事例などから診断す...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る