カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 病院 >
  6. その他 >
  7. 入院する前に知っておきたい、うつ病入院のメリット・デメリット

メンタル

入院する前に知っておきたい、うつ病入院のメリット・デメリット

うつ病は入院が必須の病気ではないですが、入院を勧められることなどはあります。

うつ病で入院した場合のメリット・デメリットを見てみましょう。

 

●薬の飲み忘れ防止、相性把握

うつ病の薬はたくさんあり、相性がよいものもあれば悪いものもあります。入院中は薬が合わなくてもすぐに対応してくれる、薬を時間通り飲めるメリットが特徴です。

薬の管理が上手でない、うつ病の症状がひどく薬を飲むことすら難しい場合は、入院した方がよいです。

 

●家族と離れて休める

入院のメリットのもうひとつは家族と離れて休めることで、家庭にやや問題がある場合は、入院でいっそ家族と離れた方がストレス緩和につながるケースもあるのです。

家族がストレスの原因ではないか、と思うことが多いなら、入院を考えてみてもよいでしょう。

 

●人間関係が難しい

精神科への入院で最もデメリットと言われるのが、人間関係のむずかしさです。

他の病棟とは違って、精神的な疾患を抱えた人たちが入院しているので、小さなことでもトラブルに発展しやすいデメリットがあります。

個室でない場合は気を遣いすぎるので、入院しない方がよかったといった声もあります。

 

●退院してからが大変

入院のデメリットのもうひとつが、退院してからの生活に馴染んでいくのが大変ということです。

退院してからスムーズに社会復帰するよりは、しばらく通院をするのが普通ですが、入院中の隔離空間にまた戻りたい・社会復帰が怖いというのは、入院しているからこそ感じることかもしれません。

結果的に、何度も入院を繰り返してしまう方もいます。

 

うつ病で入院するときにはメリットだけではなく、デメリットにもしっかり目を向けましょう。

特に入院がクセになることに対しては注意が必要で、焦ることはありませんが、社会復帰への道筋はしっかり考えた方がよいです。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

うつ病になるとどんな診断をされるの?

    うつ病は一生涯で15人に1人がなる病気です。職場環境、人間関係、...

もしかしてうつ病?と思ったら、どのレベルの病院を受診するか

        うつ病といえば、精神科を受診するのが普通ですが、同じ精神科診療...


失敗しないうつ病の病院選び、押さえておきたいポイントは4つ!

    現代病ともいえるうつ病は誰にでも起こる可能性のある病気です。症状...

うつ病かもしれないと思ったら、どこを受診するのか?

       ここ最近イライラして眠れない。何となくやる気が出ず、疲れが取れな...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る