カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 魚の目・タコ >
  5. ガサガサ足じゃあ恥ずかしい!素足になることが多い夏場は足の角質のケアが重要!

気になる病気・症状

ガサガサ足じゃあ恥ずかしい!素足になることが多い夏場は足の角質のケアが重要!

夏場には肌が出るような履物を履くことが多く、かかとの角質などががちがちで、皮膚がむけていたりすると気になってしまいますよね。また素足だと、乾燥しやすい冷房の効いたレストラン・オフィス・電車の中・スーパーなどで影響を受けやすくなります。今回は、がちがちで皮膚がむけている状態のかかとを改善するケアについて、ご紹介します。

 

靴選び

くつが自分の足に合っていないと、一部の皮膚がよく当たる、または擦れるなどといった状況となってしまい、角質が固くなりやすくなります。このため、きちんと自分の足にあったくつを選ぶようにします。

 

保湿をする

がさがさになっているのは乾燥しているためです。乾燥してきたら、保湿クリームを早めに塗りこむようにしましょう。尿素入りのものがお勧めです。

 

角質が固くなっている場合 

角質が固くなっている場合、保湿クリームを塗るだけではケアが十分とは言えません。蒸しタオルでふやかし、ピーリングを行います。蒸しタオルが面倒な人は、お風呂に入ったときでも大丈夫です。

ピーリングとは、固くなったり古くなったりした皮膚をはがすことで、物理的なものと化学的なものがあります。一般人向けのものは化学的なものであり、お薬が市販されていますので、用法容量を守り利用してください。

 

以上が、足の角質ケア方法になります。夏場はあまり乾燥等を気にしないかもしれませんが、現代は冷房で湿気が少ない環境が多いため、足以外の皮膚においても乾燥に気を付けてください。 

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

魚の目・タコに関する記事

糖尿病の人は注意!潰瘍をタコと間違う可能性があります!チェックポイント

  糖尿病患者の場合、タコと思っていたものがタコではなかったというケースがあり...

魚の目予防!ハイヒールの人はご注意を

  魚の目は一度できて、痛みを感じるようになってしまうと、歩くのが苦痛になって...


足をいたわろう!タコ予防

  足の同じ場所に繰り返し刺激を受けると、その部分の角質が厚く硬くなってしまい...

湿気を防いでマメ予防!水ぶくれの原因は湿気?

  マメ、漢字で書くと肉刺と書きます。また医学では「外傷性水疱(がいしょうせい...

カラダノートひろば

魚の目・タコの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る