カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 基礎知識 >
  5. 医薬系栄養ドリンクと非医薬系栄養ドリンク…栄養ドリンクには大きくわけて2つの区分がある!

健康診断・健康管理

医薬系栄養ドリンクと非医薬系栄養ドリンク…栄養ドリンクには大きくわけて2つの区分がある!

  

現在、栄養ドリンクには消費者の目的に合わせ、美容に良い効果があるイメージを持たせたものや体力がつくイメージを持たせたもの、仕事の前に活力を持たせるものなどさまざまな種類があります。たくさんの種類があるので、細かい分類まで把握する必要ないと思いますが、「医薬系栄養ドリンク」「非医薬系栄養ドリンク」といった大きな区分については、効能の保証度合いが大きく異なるため、知っておいた方がより効果の高いものを選ぶことができるでしょう。今回は、この区分についてご紹介します。

 

医薬系栄養ドリンク 

医薬系栄養ドリンクは、薬事法の元で認証をうけた栄養ドリンクです。医薬系栄養ドリンクは、薬局など認可を受けた店においてのみ販売できます(医薬部外品は認可をうけた店でなくとも販売可能)。薬事法の元で認証をうけているため、効能を記載することができます。効能の記載方法としては滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸障害、栄養障害、発熱性消耗疾患、妊娠授乳期などの栄養補給といったようなものがあります。また、容量としては50ml以下のミニドリンク剤と100mlのドリンク剤などがあります。

 

非医薬系栄養ドリンク

非医薬品系栄養ドリンクは、薬事法では認可されていない栄養ドリンクとなります。販売する場所は制限されませんが、効能を表記することができません。ただし、特定保健用食品の認可をうけた栄養ドリンクには、認可をうけた効能のみ表記できます。

 

以上が、栄養ドリンクの大きな区分となります。栄養ドリンクは、あくまで栄養の補助です。健康な方は、できるだけ食事から栄養を摂るようにしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

最古の植物「スピルリナ」には貧血・高脂血症の改善と高い抗酸化効果アリ?!

近年、最古の植物といわれる「スピルリナ」に注目が集まっています。スピルリナに...

こんなものにまで?サプリメントで効能アップ!様々な用途に使われます

  不足している栄養素を補う食品がサプリメントです。その活用方法は健康維持...


薬効を薄れさせないけど、味も重視したい方のための漢方薬の飲み方解説

漢方薬を飲むときの苦み緩和のために、漢方薬を入れたお湯と粉末のココアや牛乳を...

LDLコレステロールを下げる効果的サプリはこれ!

 LDLコレステロールが高くて悩んでいませんか?運動をしている…食事も気を使って...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る